眠れない夜の打開策!安眠を助ける3つのアイテムの選び方

安眠を支える要素は主に食事・運動、そしてストレス管理の3つで、これらは日ごろの心がけで改善していく必要のある生活習慣です。しかし、生活習慣は日ごろの仕事などと両立しながら改善するのが難しいこともあり、時にはアイテムの力を借りて安眠を得ることも大切です。

安眠アイテムを使うにあたっては、それぞれがどのような機能を持ち、どのような場面に合うのかを知り、適切な商品を選ぶようにします。

アイテムの基本は枕!

安眠に役立つアイテムで必須なのが枕で、こだわればこだわるほど安眠効果が得られるアイテムと言えます。初めて正しい知識を学んで枕を買うという方は、まずは低反発枕を使ってみましょう。そのうえで、より快適な枕を欲しいと思ったらオーダーメイド枕や1万円以上の高品質の枕を購入します。

枕は高さと幅に注意

基礎的な安眠アイテムである枕を選ぶ時には、高さと横幅に注目します。高さは首が浮かない程度のものを選ぶことで、首から肩にかけての筋肉が凝ってしまうのを避けることが可能です。また、横幅が短い枕を選ぶと睡眠中に枕から落ちて目が覚めてしまうことがありますし、寝る姿勢も悪化して安眠が得られないため、しっかりと幅がある枕を選びましょう。

オーダーメイドは店舗で

安眠枕の最も上質な形態がオーダーメイドですが、オーダーメイドはインターネットでの受付より店舗での購入をお勧めします。実際に高さや材質などを確かめた方が安心ですし、近くの店舗を知っておくことでメンテナンスなどのアフターサービスを受けやすくなります。

費用が高くなる傾向にあるアイテムなので、各店舗の価格やサービスを確認してからオーダーメイド枕を購入するようにしましょう。

星空アイテムで安眠!

意外にも安眠に効くアイテムとしてプラネタリウムがありますが、実際のプラネタリウム施設でつい眠ってしまったという方は非常に多く、このことがプラネタリウムの安眠効果を証明していると言えます。

最近では家庭用プラネタリウムが5000円程度で買えるため、安眠に効果的かつ敷居が低いアイテムと言えます。

細かい調整ができるものを

家庭用プラネタリウムを購入する基準は、映像の細かい調整ができるかどうかということです。このアイテムは同じ映像ばかりだと飽きてしまい、続けて使用しなくなるという可能性があるため、日々の安眠に使うことを考えると映像のバリエーションが豊富なものを選ぶべきです。

また、明るすぎると逆に目が冴えてしまうこともあるので、明るさが調整できるプラネタリウムを選ぶようにします。

正しい情報と医薬品

酷いストレスを抱えていると、いろいろなアイテムを試しても安眠効果を感じられないことがあり、その場合は医薬品の使用も検討してみましょう。安眠に医薬品を使う場合、家にあるものを自己流で使うのは必ず避け、クリニックか薬局で「安眠を得たい」と相談した上で適切な薬を選んでもらいましょう。

自己流が危険な理由

風邪薬など市販薬には副作用として眠気が誘発される物質が含まれていますが、あくまでも副作用なので、安眠目的でそのような薬を使うのは危険です。また、輸入品の薬品は大きな安眠効果が見込めるアイテムではありますが、成分の情報を自己流で集めていると誤った知識で服用してしまう可能性もあるため、医師や薬剤師など専門家の力を借りるようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る