現実逃避のための眠り?睡眠依存を軽減するための4つのテクニック

睡眠は体の休息の役割を担っており、睡眠中は意識が低下している状態にあります。そのため、現実の嫌なことから逃れようとひたすら寝てしまう睡眠依存が起こることがあります。睡眠依存は長時間寝過ぎることによって、出勤や登校に遅れるなどの支障をきたします。このようなトラブルが積み重なるとさらに現実逃避を求め、睡眠依存が悪化していくこともあります。

睡眠依存のチェック

睡眠に依存しているかどうかを考える時に、「寝過ぎで社会生活に支障が生じていること」と「寝過ぎる理由が現実逃避ということ」を考慮にいれましょう。これらを満たしている場合は嫌なことから逃れるために睡眠に依存している可能性があります。

前者だけを満たしている場合は他の理由で睡眠時間が伸びていることも考えられます。後者だけの場合は、支障がなければ心配する必要はありません。

すぐに治す必要はない

現実ではどうしても避けられないストレスが多くあり、睡眠への依存はそのようなストレス要因から逃れるための自然な体の機能という見方もできます。睡眠依存は急に治そうと焦る必要はなく、各所と協力しながら少しずつ改善していくことが大切です。

日光を浴びよう

日光には体を目覚めさせる役割とともに、体内時計を調整して夜に眠りやすくする機能があります。そのため、睡眠依存で寝過ぎてしまうという方は日光を積極的に浴びることで、就寝と起床のリズムが整いやすくなります。

睡眠依存の方は朝なかなか起きられないことが多いため、カーテンを少し開けて朝に日差しが入るようにしておく工夫が効果的です。起き上がったらカーテンは全て開け、窓も開けて換気を行うとより爽やかな朝を過ごせます。

睡眠を整える休みを確保!

睡眠依存が起こっている場合、生活のバランスも乱れて人によっては昼夜逆転に近い状態になることもあります。そのため、睡眠依存を抱えている方は休日に規則正しい生活を心がけ、睡眠習慣を整えるように努めることが大切です。ただし、睡眠依存の症状が酷い時にはこのような取り組みも苦痛に感じられるため、無理をせずに少しずつ睡眠時間、起床と就寝のタイミングを調整しましょう。

医療機関を受診しよう

いわゆる「依存症」は、日常生活で大きく困っていることがなければ無理に治療する必要はありませんが、トラブルが生じている場合は医療機関で専門的な治療を受ける必要があり、睡眠依存もその対象になります。

睡眠依存の疑いが自分でも強いと感じている場合は心療内科・精神科を、睡眠依存かどうかは分からないものの、眠りに関する悩みを抱えている方は睡眠外来を受診しましょう。

セカンドオピニオンを使おう

医療機関で睡眠依存の治療を本格的に始める前に、「セカンドオピニオン」という考え方を知っておくことが大切です。これは一人の医師だけでなく、複数の医師から自分の疾患についての意見を聞くということで、より多角的に自分の睡眠依存を把握することができます。

睡眠依存の治療法、診断は医師によって大きく異なることがあるため、セカンドオピニオンを利用して総合的に睡眠依存と向き合うようにしましょう。

クリニックによってセカンドオピニオンを受け付けているかどうかは様々なので、事前に医院に問い合わせると手間が省けます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る