熟睡する睡眠を取るための3つの方法

一言で睡眠といっても、浅い眠り、熟睡などがあります。
熟睡することで、ほとんどの方が「ゆっくりと休むことができた」と感じます。
しかし、毎日熟睡することは難しいという方の方が多いはずです。
熟睡するためには、どの様なことに気を配る必要があるのかを紹介します。

寝る1時間前にお風呂に入る

お風呂に入ることで、身体の芯から温まります。
シャワーだけではなく、湯船に浸かることがポイントです。
身体の中の温度が1度上がったあと、急激に下がることによって、眠気を覚えます。
これは、人間の身体に備わる機能の1つです。
身体の中の温度は、21時前後が最も高くなり、そこから徐々に下がります。
体温が下がる段階でお風呂に入り体温を上げることによって、身体が元の体温が下がっていく状態へ戻ろうと働きます。
そのため、急激に体温が下がり寝つきが良くなるという仕組みです。
急激に下がるといっても、体温が下がるまでには1時間程度の時間がかかります。
寝る直前にお風呂に入ると、体温が下がらない状態で眠りに付くことになるため、1時間前に入ることがおすすめです。

抱き枕を使用する

リラックスしていたり、疲れが溜まった状態な度で筋肉が緩くなると、寝返りが打ちにくくなります。
寝返りが打てない状態では筋肉が硬直し、疲れが取れません。
そのため、疲れが取れない、熟睡できていないと感じる場合は横向きで寝ることがおすすめです。
横向きで寝ることで、筋肉がほぐれやすくなります。
横向きで寝ても身体が安定するよう、抱き枕を使用しましょう。

お酒を飲むと熟睡できない理由

沢山のお酒を飲むと、睡眠の質は悪くなるとされています。
実際に、お酒を飲むことでリラックス状態となり、寝つきは良くなるでしょう。
しかし、睡眠の後半、つまり明け方近くになると、アルコールの代謝によって脳が興奮状態となり、途中で目覚めてしまいます。
加えて、アルコールには利尿作用があり、寝ている時の抗利尿作用が弱くなり、お手洗いのために起きる回数も増えるでしょう。
これらによって、必然的に浅い眠りになってしまいます。
さらに、アルコールには喉や口の中の筋肉を緩くする働きがあり、気道が塞がれてイビキをかきます。
イビキは睡眠の妨げや、気道が塞がれることによる「睡眠時無呼吸症候群」にも繋がり、重大な睡眠障害へ発展する可能性もあります。

お酒を飲んでも熟睡する方法がある

アルコールは、消化されるまでに20gあたり3時間程度の時間が掛かります。
お酒を飲む量は少なくして、寝る3時間前までに飲み終得ることが理想です。
脳が途中で覚醒してしまう事を予防し、お酒によるリラックス効果も残った状態で寝ることができます。
ただし、20gあたり3時間という時間には個人差があり、女性や年配の方は、半分程度を目安にしましょう。

熟睡するための工夫や注意点

体温調節や、脳の覚醒を予防することによって、熟睡する効果が期待できます。
お酒を飲むと寝やすくなる、寝る直前にお風呂で身体を温めるなど、熟睡する方法は多数紹介されています。
しかし、これらの方法を行うためには時間も調整し無ければなりません。
しっかりとポイントを確認して、実践してみてください。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る