湯船に浸かって香りを堪能!安眠できる入浴剤3つをわかりやすく解説

お風呂に浸かると安眠できるのはなぜ?

入浴は体温を上げる役割を持っており、上昇した体温がお風呂からあがった後に下がっていくことで安眠が容易になります。また、湯船に浸かるとこわばった筋肉が柔らかくなり、体の凝りが解消されて安眠を助けますし、湯船に張ったお湯に安眠に効果的な入浴剤を入れると、さらにお風呂の安眠作用が高まります。

安眠には入浴する時間帯に注意!

安眠に最適な入浴時間は就寝前の2~3時間前なので、この時間を大きく外れたタイミングで入浴することはお勧めしません。ただし、普段の生活の中でこのルールを毎日のように順守するのは至難の業でもあるため、3時間前より先にお風呂に入る場合は少し長めに、2時間前より後に湯船に浸かる場合はやや短めに入浴時間を調整しましょう。
もっとも安眠できる入浴時間は20分前後と言われているため、20分を基準に長くしたり短くしたりして時間をその日の過ごし方に合わせるようにします。

入浴剤の基本的な選定方法

市販の入浴剤を購入する場合、まずは製品に欠かれた効能をチェックしましょう。入浴剤の多くはその効能が証明されている医薬部外品であることが多く、効果が明示されているためどれがいいか判断しやすいです。
安眠に効く入浴剤の効果は主に、「ストレスの解消」、「肩凝りの緩和」といった作用に特化しているものです。

ひのきの和風な香りで安眠

入浴剤の中でも安眠に使っておきたいのが、ひのきの香りを持つ商品です。ひのきは高級温泉の湯船に使われていることが多く、日本人が癒されやすい和風の香りを楽しめます。そして精神の鎮静効果でリラックスすることができ、ひのきは入浴剤の最有力候補になります。

実は安眠できるオリーブオイルの入浴剤

料理で使うことが多いオリーブオイルですが、実は入浴剤として安眠において活躍します。オリーブオイルには疲れを和らげる効果を中心に、冷え症や腰痛といった体質的な症状、そしてあせもなどの季節的な肌の症状の改善にも役立ちます。これらの症状は睡眠時の苦痛を引き起こして安眠を阻止する恐れがあり、オリーブオイル入浴剤でのケアが大切です。オリーブオイルの成分を主体にひのきなど他の素材の香りを加えた商品もあるため、選択肢が広いというのもこのタイプの入浴剤の特性です。

安眠でメジャーなハーブのラベンダー

安眠にはハーブを使うことがしばしばありますが、最もメジャーなハーブがラベンダーで、入浴剤として使われることも多々あります。ラベンダーは上質な香りが眠気を誘発し、心身にリラックスをもたらしたうえで安眠に誘導していきます。ラベンダーの入浴剤はバラエティーが豊富で、コエンザイムQ10など他の成分と混ぜたものも多いため、美容・健康・安眠といった幅広い目的で使用できます。

ハーブ系入浴剤を使う前に

ラベンダーのほかにも炎症を抑えて心も落ち着ける安眠作用があるカモミールも、ハーブ系入浴剤としてよく使われています。ハーブを使った入浴剤は海外製品であることも少なくないですが、海外の入浴剤は日本の方にとって香りがかなりきついことがあります。少しでもきついと感じる香りは安眠にとって逆の作用をするため、まずはハーブ系の入浴剤を安眠に対して使う時には日本メーカーの商品から選びましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る