民間資格でも役立つ?睡眠の資格について知っておきたい6つのこと

今日では語学や医療だけでなく、カラーやガーデニングなど幅広い分野の資格があり、睡眠もその例の一つです。睡眠のライセンスは全て民間資格で、取得方法から活用法までそれぞれユニークな特徴を持っています。これから睡眠の資格を取りたいと考えている方は、主に6つの知識を持っておく必要があります。

民間資格である理由

睡眠の資格に国家資格はありませんが、この背景には睡眠について確立した理論がまだ少ないということが挙げられます。国家資格は具体的な活用法が明確なライセンスですが、睡眠はまだ謎が多く、証明されている睡眠の事実もどのように活用するかまでは決まっていないことが少なくありません。

国家資格になる可能性は

医療機関でカウンセリング療法を提供できる臨床心理士ですら民間資格ですから、心理学よりまだまだ解明されていないことが多い睡眠の分野では、国家資格ができるのはもう少し先と言えます。言い換えれば、今後睡眠の重要性がより強調されていくにつれ、睡眠の国家資格が生まれる可能性があります。

民間資格の意義

特定の職業に役立つ国家資格と違い、睡眠の民間資格は明確に用途が決まっているわけではなく、有資格者の主体性に任されています。そのため、睡眠の資格を取ったからと言って何かの仕事につけるわけではありません。

睡眠の資格の意義は、あまり普及していない睡眠について見識が深いことを証明し、その知識を自分や周囲の人々に応用できることが可能ということです。取得して具体的に何をしたいのかをはっきりさせておくことが、睡眠の資格においては大切なことです。

睡眠環境のライセンス

睡眠に関する代表的な民間資格は主に2つあり、その一つが「睡眠環境診断士」です。この資格は講座を受講したうえで認定試験を受けることで取得できます。学習内容は寝具を含めた寝室環境についてで、寝具メーカーに勤めている方にとってはスキルアップとなる睡眠の資格です。

睡眠環境とは空調から枕の質、そばに置くアロマなど多岐に渡る複雑なものなので、睡眠環境診断士の資格は簡単なものではありません。しかし、その分最高の寝室についての知識を持ったプロフェッショナルのライセンスと言えます。

睡眠全般の知識の資格

睡眠について広く見識を深めたことを示すライセンスに、「睡眠改善インストラクター」があります。この資格は睡眠の仕組みについて学ぶ講座を受け、認定試験を突破することで取得できます。

睡眠環境診断士が最適な寝室についての資格ならば、こちらの資格は睡眠のメカニズムそのものに精通していることを証明するものです。両方を持っていることで、睡眠の悩みに対してより広い視点からアプローチできます。

医療的な取り組みについて

睡眠に特化した資格は全て民間のものなので、睡眠の問題を抱えている方に具体的な診断名を伝えたり、薬を処方したりすることはできません。医療の現場で睡眠に関わるには、基本的には医師などの国家資格が必要です。

医師は大学での学びを経て国家試験に合格し、さらに研修を受けてやっとスタート地点に立てる難しい資格、職業です。しかし、医師になると睡眠の研究者という道も開かれるため、今後の睡眠学の発展に寄与でき、目指す価値のある資格と言えます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る