枕の正しい捨て方3選

気持ちの良い睡眠に欠かせない枕は、誰しもが大切にしているものです。
枕は、大きさや詰め物の種類などによっては捨て方に迷う場合もあります。
特に、抱き枕のような大きいサイズの枕の場合、処分方法が分からず困ってしまうというケースもあるでしょう。
そんな枕の、正しい処分方法を紹介します。

枕を捨てる場合は燃えるゴミに出す

一般的な枕を捨てる場合、燃えるゴミとして出しても問題はありません。
しかし、これは自治体によって異なります。
大きさによって燃えるゴミとして出すことができる地域と、粗大ごみとして出さなければならない地域があります。
基本的には、ゴミ袋に入る枕であれば燃えるゴミとして出すことができますが、入らない様な大きなサイズの枕は粗大ごみとして出すことがおすすめです。
ただし、小さく切るなどの方法でゴミ袋に詰めることができるのであれば、大きなサイズの枕も燃えるゴミとして出すことは可能です。
大きな枕を切るなど分解する事は、想像以上に労働力が必要です。
羽や綿が詰まっているような枕である場合、燃えるゴミで出すことができない大きさのものは粗大ごみで出してしまった方が良いでしょう。

枕のリサイクルは可能か

家具や家電であればリサイクルを考えるケースも多いでしょう。
しかし、枕のリサイクル基本的に不可です。
枕に限らず、寝具などもリサイクル品として扱われることはありません。
ただし、未使用品や未開封品であればリサイクルショップで引き取ってもらうことは可能です。
1度でも使用した枕は、引き取ってもらう事はできないため捨てることになるでしょう。
キャラクター商品や、希少性の高いものであれば引き取ってもらうことができるケースもありますが、非常に稀です。
アイドルや人気アニメのプリントが施された抱き枕などは、例え使用していたとしても、リサイクルショップやオークションサイトなどで購入してもらえる可能性もあります。

自治体毎にルールの確認を行う

枕の捨て方のポイントは、通常サイズであれば燃えるゴミ、ゴミ袋に入らない様な大きなサイズの枕は粗大ごみになります。
また、ゴミ袋のサイズや基準も自治体によって異なるため、詳細を確認する必要があるでしょう。
ただし、自治体によって全く異なる捨て方をしなければならない場合もあります。
ルールを守らずに捨ててしまうと、回収されません。
枕を捨てる前に、必ず住んでいる自治体に確認をしてから捨てましょう。
ホームページで公開されている自治体もあるため、まずはインターネットサイトで調べてみることがおすすめです。

枕を捨てる際は枕の状態とルールを確認

基本的に、枕を捨てる場合は燃えるゴミとして出すことが可能であると認識して良いでしょう。
大きな枕で、尚且つ分解することができる素材の場合は、小分けにしてゴミ袋に入れるという方法も有効です。
希少性があると判断されるデザインの場合、リサイクルショップやオークションサイトなどを確認してみると、お金に変わる可能性もあります。
また、捨てる場合であっても自治体のルールを確認するということを忘れないようにしてください。
愛用していた枕には最後まで感謝の気持ちを持って、しっかりと処分をしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る