枕が臭いを取る4つの方法

使用する枕が臭いと、就寝時に嫌な気持ちになります。
また、寝返りを打った際に顔を付けることもあり、気になる人は多いでしょう。
何故枕が臭いのか、原因を考えてから対処法を試してください。

枕が臭い原因とは

枕が臭い場合、最も多い原因は雑菌の繁殖です。
就寝中は大量の汗をかくため、枕に汗が染み込みます。
通気性の良い枕であっても、枕の内部は湿っている状態となります。
汗だけではなく皮脂なども含まれるため、更に雑菌が繁殖しやすくなり、臭うことに繋がります。
汗だけではなく、皮脂が付着しないように対策をしなければなりません。
他にも、枕に使われている素材が原因である場合もあります。
素材が汗で湿った状態になることで、本来は独特の香りはしない素材であっても不快な臭いに変わるケースがあります。

枕の臭いを取る簡単な対処法

枕の臭いを取る対処法は、主に4つです。
最も簡単に試すことができる2つの方法から行いましょう。
まずは枕カバーをしっかり洗います。
枕カバーは、汗や皮脂、フケなどを枕本体に付着させないためのものです。
枕の臭いが気になる場合は、3日に1回程度、洗濯をしましょう。
洗濯をしてもダメージを受けにくい素材の枕カバーを使用する事をおすすめします。
さらに、起床時は枕カバーを外し、天日干しするだけでも効果が期待できます。
臭いの原因は雑菌であるため、乾燥させるだけでも効果が見込めます。
次は枕の中を乾燥させます。
枕カバーを使用する事で、ある程度は枕本体を守ることができます。
しかし、汗は枕の中にまで浸透しているため、乾燥させなければなりません。
1週間に1回は、枕の中を乾燥させます。
枕を干すためのグッズは、100円ショップでも販売されています。
これら2つの方法を試してみましょう。

生活習慣から見直す必要も

簡単な方法でも枕の臭いが改善しなかった場合、生活習慣から見直す必要があります。
脂物の食事が多いと、皮脂の臭いも強くなり、汗の質も変化します。
また、喫煙や飲酒も同様です。
寝ている間の汗を枕が吸収するため、枕を臭くする原因となります。
栄養バランスの整った食生活を意識することが、枕の臭い対策にも繋がります。
また、枕カバーを使用していても、枕本体が臭うという場合は、別途枕に使用するグッズを取り入れることも検討しましょう。
「枕パッド」は、枕カバーと比較をすると、汗の吸収率が高いグッズです。
枕カバーでは汗や皮脂をブロックできないと感じる場合、取り入れたいグッズです。
枕本体を洗う事が難しい場合、洗うことができる枕に変えるという方法もあります。
枕に染み込んだ皮脂や汗は、天日干しだけで改善されない場合もあります。
枕を洗った上で、しっかりと内部まで乾燥させることで、常に新品の様な香りの枕で睡眠を取ることができるでしょう。

枕の臭いは簡単に取れる

枕は、想像以上に汗や皮脂を吸い込んでいます。
そのため、枕カバーはしっかりと洗濯をして、枕本体も乾燥させることがポイントです。
天日干しをして、中までしっかりと乾燥させましょう。
簡単な方法でも改善できないほどの臭いである場合、生活習慣や食生活を見直すことも必要になります。
併せて、枕を清潔に保つためのグッズを取り入れましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る