最高な睡眠を取るためには明るさが重要?睡眠の役割も解説!

質の良い睡眠を取ることで私たちの体は健康でいられると言われています。そんな睡眠を取るために私たちは早く寝てみたり、休みの時には平日の分も寝てみたりと様々なことをして自分の体を休めていますよね?ここで1つ質問があります。皆さんは睡眠時の部屋の明かりはどうしていますか?真っ暗にして寝ている人が多いと思いますが実は質の良い睡眠が取れていないかもしれません。

私たちの睡眠の役割は?

私たち人間はずーっと起きていることは不可能です。では、どうして人間は眠らないといけないのでしょうか?実は睡眠には役割があるので説明していきます。

睡眠の持つ重要な3つの役割

・成長
睡眠と成長には深い関わりがります。成長ホルモンが大きく関係しているのですが、このホルモンが睡眠中に大量に分泌されます。そのため睡眠不足などを繰り返していると成長ホルモンの分泌が少なくなりますので成長の妨げとなってしまうのです。必ずとは言い切れませんが成長期などに睡眠不足を繰り返すと十分な成長が出来ず身長も低い傾向があると言われています。

・疲労回復
私たちは日々ストレスを感じ精神的にも肉体的にも疲労が蓄積されています。この疲労を睡眠が解消してくれダメージの治癒を促してくれるのです。先ほど述べた成長ホルモンも関係しているのですが、睡眠中にホルモンが分泌されることによって疲労回復を促進してくれていますので成長期のみならず、一生大切なホルモンになります。もしも睡眠を取らずに居ると幻覚や集中できなくなったり、妄想などの症状が出てきます。

・記憶力
その日1日過ごしてきた中で学習してきたものを必要な時に取り出せるように、すなわちタンスのように配置してくれる整理を睡眠中にしてくれます。徹夜で勉強したとしても睡眠時間が足りないことでいつも以上に力が発揮できなくなるのは、睡眠中に十分に記憶を整理することができないからということが背景にあります。

睡眠時に適した明るさについて

睡眠の役割について説明しましたが、その大切な睡眠を取るために欠かせないのが明るさになります。人間は眠っているときでも周りの環境に常に反応しているのを知っていますか?例えば外を走っている車の音や風の音、部屋の明るさなど様々な要因によって睡眠の質は左右されています。そして熟睡出来るか出来ないかは部屋の明るさも大きく関係していますので解説していきます。

・真っ暗は熟睡できない
よく、真っ暗じゃないと眠れない人や、電気が付いていると気になって仕方ないという人がいますよね?事実、部屋を暗くして寝ている人の方が多いと思いますが実は暗くして眠ると悪夢を見やすくなるそうです。この背景には人間は昼間の間に見た大量の映像が脳にたくさん入っています。この映像を整理するには3~4時間かかるのですが真っ暗の状態で眠りにつくと起きている状態と寝ている状態が同じだと脳が思い込み混乱を起こすと言われています。そして真っ暗だと人間は不安を感じやすくなるため眠りも浅くなってしまいます。

・少し明るい方が熟睡できる
脳波の話になりますが、少し明るくして眠りについた方が深い眠りになるそうです。質の良い睡眠を取るためには最初の1時間半が重要になってきます。この時間に深い眠りに入れるかどうかで質の良い睡眠が取れるかどうか決まってきます。ですが、あまり明るいと寝付けない人も実際に居ると思いますので頭側を明るくするのではなく足元にポッと柔らかい明りを灯すくらいでも十分ですので自分が一番眠りやすい明りを探してみてはいかがでしょうか?

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る