曲を聴いてぐっすり!睡眠時の音楽の効果を得やすい3つのタイプ

睡眠は一日の中で脳を休める唯一の時間であり、目をつむることで視覚情報を減らすなど、脳への刺激を最低限にしています。この考えを基にすると、睡眠時の音楽は聴覚の情報を増やしてしまい、睡眠に良い効果をもたらさない印象を受けますが、実際には必ずしもそうとは言えません。

物音に敏感な人は音楽を

睡眠時の脳を刺激する音楽ですが、騒音に悩まされていたり、物音が気になってしまったりする方には効果があるツールです。リラックスできる音楽は気になる音から注意を逸らし、睡眠しやすくなる効果を持っています。繁華街の近くに住んでいる方や、もともと物音に敏感な方は睡眠時に音楽を聴いてみることをお勧めします。

考え事が多い人と音楽の効果

普段、仕事や家事、学校などでストレスを抱えていると、睡眠前のふとした瞬間に日常の悩みが頭に思い浮かび、様々な考えが巡って睡眠を取りづらくなることがあります。このような状況が続くと不眠症にも発展する恐れがありますが、音楽を聴くことで余計なことを考えずに睡眠できる効果を得られます。

音楽好きにも効果あり

音楽が睡眠にもたらす効果を実感しやすいタイプは、睡眠に悩みを抱えている方ばかりとは限りません。もともと音楽が非常に好きで、聴いていると心が安らぐという方にとって、睡眠時の音楽は最高の安眠ツールと言えます。脳に刺激を与えるというのは音楽の睡眠への影響のあくまでも一面的な見方なので、それぞれの趣味に応じて睡眠に音楽の効果を取り入れても構いません。

インスト楽曲がお勧め

音楽には大きく分けて「歌もの」と「インスト」の2種類があり、睡眠時にはインスト楽曲が向いています。歌ものは歌詞や歌声が脳にインストより大きな刺激を与えてしまいますし、歌詞から睡眠を妨げる要素を連想してしまうこともあり、逆効果になることが多々あります。一方、インストは楽器のみで成り立っている音楽なので、言葉からいろいろなことを思いめぐらすことは少なく、音楽の睡眠効果を得やすくなります。

クラシックは不向き?

睡眠時にリラックス効果を与える音楽というと、クラシックを挙げる方が少なくありませんが、多くのクラシック音楽は睡眠には逆効果です。クラシックは抑揚をつけた楽曲が多く、音源は音量が不安定で急に大きくなることがあります。そのため、盛り上がるポイントで目が覚めてしまうことがあるので、睡眠時にはあまりクラシック音楽を選ばないことをお勧めします。

ヒーリング音楽で最大の睡眠効果を!

具体的に睡眠に向いている音楽のジャンルは、いわゆる「ヒーリング音楽」と呼ばれるものです。その名の通り癒し系のジャンルなので、睡眠効果を最も得やすい音楽と言えます。最近では「イージーリスニング」といったジャンルも出てきており、ヒーリング音楽と同じようなものなので、睡眠効果を得られる音楽を探す時にはこの2つのジャンルから調べてみましょう。

睡眠にはスピーカーを

睡眠時の音楽の視聴にヘッドホンやイヤホンを使うと機器のズレ、コードの絡まりなどで目が覚めてしまう可能性があります。音楽の睡眠効果を得るためには、外付けのスピーカーを使ってぐっすり眠った頃に音楽が止まるようにプレイリストを作っておくという条件を覚えておきましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る