文章を読むとよく眠れる?安眠対策に効果のある文章の6つの条件

単純作業と安眠

眠れない夜に本を読んでいるとうとうとし始めるという経験をされた方は多く、実際に読書には安眠を誘う役割があります。人間の脳は同じ作業を続けていると眠気を感じてくるため、読書のようにひたすら活字を追う作業は安眠に役立ちます。

適度に難解な文章が効果的

安眠の為に文章を読む際、全く興味のないつまらない分野でもなく、かといって読み流せるような文章でもないものを選びましょう。興味のないものは当然読む気が起こらず、内容も頭に入ってこないためストレスになって安眠できません。簡単に読めてしまう文章も、ゆっくりと時間をかけて読むことでしか得られない安眠効果を遠ざけてしまいます。自分の興味がある分野で、少し専門的な新書を読むことがお勧めです。

安眠に図解入りの本を買うよりは絵本を

安眠に役立つやや専門的な書籍の中には、丁寧な図解が挿入されたものも多くあります。興味に合った内容をより理解しやすくなる役割を持つ図解ですが、読み取る作業で脳が目覚める方向に活動するため、情報量が文章に限られた書籍が安眠にはぴったりです。
絵本には文章を読むのと同じ効果があり、文章と図解の両方が豊富に収録されていて情報量が多いものよりは、むしろイラストがメインの絵本を選んだ方が良いことも大切な知識です。

安眠にはページをめくる作業にも工夫を

安眠に必要な単純作業を読書で行う時には、ページを開くスピードもある程度一定にするのがお勧めです。リズムのついたページをめくる作業は脳波を安定させるので、読書の安眠効果を高めてくれます。ただ、ページをめくる作業がメインになって文章を読み飛ばすことがないように気を付けましょう。

自分で作った文章も効果あり

文章を寝る前に読んで安眠するには、市販の書籍だけでなく自分で用意した文章も効果的です。文章の内容は日ごろなかなか言えないことでもいいですし、自分で物語を作ってみてもいいです。書く作業は心を整理する役割があり、ストレス要因を客観的に見つめて解決し、安眠しやすくすることも可能です。就寝の直前に書く作業をすると脳が覚醒しますので、1~2時間前には文章を用意しておきましょう。今まで作ってきた文章をストックし、眠る前にさっと取り出して読めるようにしておくのも効率的です。

安眠には電子書籍は控えめに

最近はタブレット端末やスマートフォンで電子書籍を読む方が多くおり、安眠にはこのような機器を使って文章を読んでも構いません。ただし、電子機器の画面からはブルーライトと呼ばれる体を目覚めさせてしまう光が出ています。部屋を真っ暗にして画面だけを見るとブルーライトを集中して浴びることになるので、明るい環境で電子書籍の文章を楽しみましょう。
また、就寝直前にブルーライトを浴びることも好ましくないため、電子書籍の使用は睡眠の30分前までに終わらせておくことを覚えておきましょう。

物語の場合は音読をしてもOK

小説を読む際には、文章の音読をしても安眠によく効きます。物語のキャラクターになりきることはストレスの発散効果があることが分かっており、声を出すことで気分をすっきりさせられます。大声で読むと体が興奮してしまうので、囁くように少し感情をこめて文章を読むのが安眠には適しています。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る