意外と見落としがち?安眠に欠かせない4つの条件と実践法

日本人は世界的にも睡眠時間がかなり短く、安眠とは程遠い生活を送っている方が多いです。仕事などのどうしても変えることが難しい状況もありますが、意外と安眠に必要な条件は実践しやすいものがほとんどです。

安眠の基本的な6つの条件を知った上で、しっかりと条件を守れるよう実践法も覚えておきましょう。

最近多い活動量不足

公共交通機関での移動やデスクワークが多い昨今においては、安眠に必要な質の良い疲労感を得ることが難しくなっています。専業主婦・主夫の方に見られることが多い活動量の低下による安眠の取りづらさですが、最近では社会人も運動不足なことが多いです。

ウォーキングでOK

「運動」というとランニングや筋トレがイメージされます。これらは実際に安眠に効きますが、特に忙しい社会人の場合はウォーキングをお勧めします。ウォーキングであれば普段の通勤で意識することで運動量を増やしすく、安眠に必要な適度な疲労という条件を満たす事ができます。

また、他の運動に比べると一回当たりの疲労度が少ないのがウォーキングの特徴で、分散させて小分けで歩いて続けやすいので、継続的な取り組みが必要な安眠の条件にぴったりの運動とも言えます。

寝具も大切な条件

安眠を支える重要な寝具ですが、意外と手入れをしてないこともあります。汚れた寝具は不快感に繋がって安眠が取りづらくなるため、寝具を清潔に保つのが安眠の条件です。また、枕が自分に合っていることは安眠の条件の中でも非常に大切なことなので、高さや幅が自分にぴったりなものを選びましょう。

オーダーメイド枕を検討しよう

安眠の条件の中でも枕に大きな問題があると感じている方は、オーダーメイド枕の使用を検討するのもよい解決策です。オーダーメイド枕は1万円から2万円台と既製品の枕よりは価格がかなり上がりますが、最適な条件の枕を購入するには最も近道の方法です。

特に起床時の肩凝りや体の痛みに悩まされている方は、安眠の条件を満たしやすいオーダーメイド枕にトライしてみましょう。

自律神経の条件とは

自律神経は人間のあらゆる活動に関与しているもので、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。交感神経は体を緊張状態にするため、睡眠時にはそれとは逆の副交感神経が優位になっている必要があるというのが、安眠の条件として大切です。

睡眠前にリラックスを

副交感神経を優位にして安眠の条件を満たすには、睡眠前にしっかりとくつろいでおくことが大切です。湯船で入浴したりハーブティーを飲んだりなどして、就寝前に自分が落ち着けるような工夫をするようにしましょう。

安眠の呼吸の条件

安眠には鼻呼吸が最適と言われており、口呼吸は悪条件です。口呼吸の方は睡眠時無呼吸症候群を抱えていることがしばしばあり、専門的な治療が必要になることもあります。睡眠時の呼吸を確かめるには同居者の力を借りたり、録音機を用いて自分の呼吸を記録したりする工夫を採りましょう。

横向きで安眠

睡眠時無呼吸症候群で口呼吸になりがちな場合、安眠の条件として横向きに寝ることが挙げられます。仰向けで寝ると自然と気道が圧迫されるため、特に脂肪の多い方は無呼吸になることが多いです。息苦しくて安眠が妨げられていると感じる方は、一度横向きに睡眠を取ることをお勧めします。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る