想像でリラックスできる?安眠に効くイメージトレーニング法4選!

人間の想像力はスポーツなどにおける力の発揮だけでなく、逆に力を抜いてリラックスしたい場合にも使えます。そのため、安眠を得たい方にとってもイメージトレーニングは役立つと言えます。

考え事とイメージの違い

安眠を妨げるものに考え事がありますが、イメージトレーニングは考え事とは異なります。考え事がひたすら思考を巡らしている状態を指すのに対し、イメージトレーニングはしっかりとした手順で安眠に効く正しいイメージを思い浮かべる手法です。

自分でもすぐにできそうなイメージトレーニングですが、自己流だと考え事と混同しがちなので、適切な方法を学ぶことが求められます。

イメージするタイミング

安眠のためにイメージトレーニングを行う場合、寝床に入ってからのタイミングが効果的です。布団やベッドに入った後は目を閉じて深呼吸し、イメージトレーニングを行います。

横になる前にハーブティーを飲んだり、アロマを焚いたりしておくことでよりリラックスしてイメージできるというコツも覚えておきましょう。

安眠イメージは暗い部屋で

イメージトレーニングを寝床で行う時、可能な限り視覚や聴覚に刺激が与えられないように工夫しましょう。目を閉じて行うイメージトレーニングはそもそも視覚的刺激がないのではと思われるかもしれませんが、部屋の照明がついていると目をつむっていても刺激になります。部屋の明かりは消したうえでイメージトレーニングをしましょう。

騒音がある場合は音楽を

静かな環境で行いたい安眠のイメージトレーニングですが、道路沿いの家や繁華街の住居ではどうしても物音が気になるものです。その場合は、ヒーリングミュージックをかけて不快な音から気を逸らすようにしましょう。

スピーカーではまだ物音が気になるという際、イヤホンやヘッドフォンをしてイメージトレーニングが終わり次第外して寝ましょう。

穏やかに眠るイメージ

安眠のイメージトレーニングの初歩は、穏やかに寝ている自分を想像することです。大草原など理想的な場所で寝ているイメージよりは、普段の寝室でぐっすりと眠るイメージを思い浮かべた方が日々の安眠には効果的です。

また、イメージする際は際限なくとにかく気持ちよく寝ている自分を頭に浮かべることが大切です。

落ち着く風景をイメージ

自分にとってリラックスできる風景や場所をイメージするのも、安眠には効果的です。登場人物がいると脳内で会話が始まったり、思い出を連想したりすることがあるため、基本的には風景のみをイメージするのが安眠のポイントです。

翌日の活動をイメージ

質の良い安眠には、翌日アクティブに動いている自分のイメージを浮かべて前向きな気持ちになることも効果的です。仕事や勉強の課題があると、どうしてもそれに追われるイメージを寝床に入ると抱きがちですが、むしろ課題をうまくこなしている自分をイメージすることで、山積みになった作業も安眠を助けるものとなります。

単純な繰り返しをイメージ

「羊が一匹…」と数えることがある通り、単純な繰り返し作業は眠気を誘発して安眠に導く効果があります。好きなものをひたすら数えるイメージや、数字を順にひとつずつ数えていくことも効果があります。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る