快適な睡眠に欠かせないセロトニンを増やす3つの方法

睡眠安眠の資格

質のよい睡眠を得るために、大きな役割を果たすといわれている「セロトニン」。

睡眠に必要とされる成分の中でも、ひときわ重要なものということをご存知でしたか?

そんなセロトニンの効果を十分発揮してもらうには、セロトニン自体どういうものなのかをきちんと知っておくとよいでしょう。

この記事ではセロトニンの働きに加え、セロトニンを増やす方法を3つご紹介します。

「セロトニン」の重要な働きとは

まず、セロトニンとは人の身体で重要な役割を果たす脳内の神経伝達物質の一つです。

主に人の精神面に大きく影響する働きをし、心身の安定などにも関わることから「幸せホルモン」とも呼ばれています。

また、「ノルアドレナリン」や「ドーパミン」と合わせ、三大神経伝達物質ともいわれています。

セロトニンは、緊張や興奮を起こす「ノルアドレナリン」や喜びや快楽などを司る「ドーパミン」が過剰に分泌しないようコントロールする役割もあります。

そのため、神経のバランスがとれて精神を安定させてくれる作用があるのです。

セロトニンと睡眠との関わり

セロトニンは人の心身の健康に対して非常に大きく影響します。中でも睡眠にとってはとくに重要で不可欠な存在です。

ノルアドレナリンやドーパミンが過剰に分泌されて暴走すると、交感神経が強く刺激されて過度の緊張や興奮状態となり、心身が休息へ向かわず寝つきの悪さにつながってしまいます。

セロトニンがこれらの分泌をコントロールしてバランスをとることで、副交感神経が作用して心身がリラックス状態に向かいます。身体の緊張や興奮などがほぐれて神経も鎮まり、睡眠の準備を整えてくれることになるわけです。

睡眠ホルモン「メラトニン」を作り出す

また、セロトニンにはもうひとつとても重要な役割があります。

睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」を作り出すための原料になるという働きです。

このメラトニンが分泌されると人は眠気を催しますが、夜に正常に分泌されないと寝つきの悪さや浅い眠りにつながることになります。

メラトニンを正常に分泌させるためには、セロトニンを日が昇っている昼間のうちに活性化させておく必要があります。そして、日が沈んだ夜にメラトニンがきちんと分泌されれば、寝つきもよく熟睡することができるのです。

快眠のカギを握るメラトニンが作り出されるためにも、セロトニンは不可欠な存在なのですね。

セロトニンを効率よく増やす3つの方法

日中の太陽の光を適度に浴びる

セロトニンが不足しないために意識したいことは、「太陽の光を浴びる」ということ。

日光は朝の目覚めをよくしてくれるだけではなく、夜の睡眠の質を上げることにも大きく関わっています。

太陽の光を浴びると脳内のセロトニンの分泌が始まります。セロトニンが分泌されると体内時計を正して質のよい睡眠を後押しする効果も期待できるので、寝つきが悪い人や熟睡感が得られない人は明るい日の光を意識して浴びるようにしましょう。

「トリプトファン」を意識的に摂る

セロトニンは、人体に必要不可欠なうえ体内では生成できない必須アミノ酸の一つである「トリプトファン」から作られている物質です。

そのため、セロトニンが不足しないようにするためには、トリプトファンを普段の食事などから積極的に摂ることが重要なポイントとなります。

トリプトファンはお肉や魚・豆類などのタンパク質に豊富に含まれているので、意識的に摂取するとセロトニンが正常に分泌されることにつながります。

また、食事でまかなうことが難しい場合はサプリメントなどを賢く活用するのも効果的です。

有酸素運動を取り入れてセロトニンの分泌を促す

デスクワークなどで日中のほとんどを座ったままで過ごす、外で身体を動かす遊びをしないなど、年代を問わず現代は慢性的な運動不足に陥っている人が多いです。

セロトニンは一定のリズムをもつ動作や運動によって分泌が促される性質をもっています。そのため、運動が不足するとセロトニン不足も招いてしまうのです。

そこで、セロトニンの分泌を活性化させるには軽いジョギングやウォーキング・水泳などの有酸素運動を取り入れてみてください。

これらの有酸素運動は、同じ動きをくり返す反復運動でもあります。反復運動は一定のリズムを刻む動きの代名詞といえるので、セロトニンの分泌を促す働きがあり気持ちよくおこなえるメリットがあるのです。

セロトニンの働きやその増やしかたなどについてご紹介しました。セロトニンは健康の維持に大きく関わる睡眠にとても重要な役割を果たすもの。不足しないようにしっかり分泌させる生活習慣を心がけて、日々質のよい睡眠を目指しましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る