安眠に効果のあるカラー3つ

あなたの寝室のインテリアは何色で統一されていますか?

普段からお気に入りの赤色でインテリアを統一したけれど、何だかよく眠れない。部屋を大人っぽくしたくて黒いアイテムばかり寝室に置いていたら落ち着かない空間になってしまった。自分の好きな色でインテリアを決めてしまったら、リラックスできない空間になってしまった経験はありませんか?

あまり知られていませんが、目から入ってくる色は私たちの脳と心に大きな効果をもたらします。そして日常生活の基盤になる睡眠をとるための寝室には、安眠の効果がある色を多く配置するべきです。

この記事ではあなた寝室づくりの参考になるように、寝室におすすめの色を紹介します。

安眠に効果のある色はこれです

リラックスして熟睡できる空間をつくるためにも、こんな色のインテリアアイテムを揃えてみてはいかがでしょうか?

リラックス効果のある緑

緑色には目の疲れや緊張感を和らげるリラックス効果があります。自然の森の中を歩いていたり、観葉植物を眺めていて落ち着くことはありませんか?あれは緑の色の効果です。緑は平静、安らぎ、自然などのイメージが湧く色なので疲れている時や休息したい時に見るのにぴったりの色です。仕事の疲れを癒したい寝室にぴったりの色ですね。

気を静めてくれる青

海や水をイメージする青には鎮静作用と睡眠を促進する効果があります。青色を見ていると気持ちが落ち着きますよね。青色には呼吸が深くなる効果もあるので、眠っている時の呼吸に問題がある人にもいいですよ。さらに涼しさを感じて体感温度を下げる効果もあるので暑くて眠れない夏の夜には効果てきめんです。季節でシーツやカーテンの色を変えるのもおすすめです。

温もりを感じる茶色

茶色を見ると木や土などを思い出しませんか?自然を見ている時に感じるのと同じように、茶色は安心感を与えてくれる色です。また温かみを与えてくれる色でもあります。人間関係で悩んでいたり疲れている人に茶色はおすすめです。落ち着いた気持ちで眠りに着きたい時、茶色のインテリアが目に入ると気持ちが落ち着くので寝つきが良くなります。またさきほど紹介した緑色との相性もいいので、緑と組み合わせてリラックスできる寝室をつくってみてはいかがですか?

色を利用して良質な安眠を手に入れてくださいね

ゆっくりと安眠ができる寝室づくりをする上で注意をしてほしいのが、あまり多くの色を取り入れないことです。取り入れる色は三色くらいまでに決めて、統一感があって落ち着きのある空間をつくりましょう。自分の好きな色を取り入れてもいいのですが、なるべく刺激の強い赤などは抑えましょう。

たとえば白・茶色系のナチュラルカラーで全体を統一して、シーツは睡眠促進効果のあるブルーなんかにするとさらに安眠に効果があります。大きくて目に入りやすいカーテンは必ず茶色や緑などリラックス効果のある色を選んでくださいね。

大きい家具は茶系にしておくと他の色のアイテムがきても色のバランスが崩れずごちゃごちゃしないのでおすすめです。緑のリラックス効果を利用するために観葉植物を置くこともおすすめです。ぜひ自分が心からリラックスできる寝室をつくってくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る