快眠用の枕を作ろう!オーダーメイド枕を購入する際の5つの注意点

睡眠の必需品である枕

寝具の中でも必需品と言える枕は、就寝時の姿勢を良好に保って睡眠の質を深くするものです。そのため、合わない枕を使っていると首や肩が痛くなって安眠が妨げられ、翌日の不快感を引き起こすこともあります。

合う枕は意外と見つからない

睡眠には欠かせない枕ですが、市販の商品はサイズや高さのバリエーションに限界があり、体型によってはぴったりの枕が見つからないということも頻繁にあります。タオルや枕を2つ用いるなどして枕を調整することも可能ですが、最も自分に合う枕を使いたい場合はオーダーメイドで枕を購入することも考えておきましょう。

オーダーメイドでの枕の購入とは

オーダーメイドで枕を買う場合、自分の体型や他の寝具の状態を業者に伝えます。それに合わせて枕が作られ、快眠しやすくなるというシステムです。
料金は1万を超えることが多く、通常の枕の購入よりは高くなりますが、ぴったりの枕を見つけられる可能性が非常に高いため、市販の複数の枕を買うよりは経済的という見方もあります。

必ず店舗でオーダーしよう

枕をオーダーメイドで作る際の最大の注意点は、実際に店舗を持っているメーカーを使って枕を作るということです。通販で情報を入力してオーダーメイドすることも可能ですが、店舗では実際に自分の体を測定することで確実に合う枕を製作してもらえます。
入力した情報に合う枕が通販で送られてきたとしても、実際の使用感が自分に合うとは限りません。オーダーメイドは必ず実際の店舗で行うように注意しましょう。

就寝時の恰好で店舗に行こう

店舗でオーダーメイド枕を作る時には、仮に制作した枕や既に用意されてあるマットレスを使って枕を試しに使うことができます。しかし、この際外出用の服装では実際の就寝時の使用感を測れなくなってしまいます。
この問題を解決するために、就寝時に近い恰好をして脱ぎやすい上着を着ておくという方法がお勧めです。

購入後の保証サービスの確認も必須

テストで使用してぴったりだったオーダーメイドの枕も、自宅に持ち帰って使ってみると思っていたよりフィットしなかったということもあります。そのため、枕をオーダーする際は購入後のアフターサービスがしっかりと整っているかをチェックしておく必要があります。
枕を買った後に合わなかった場合はどうなるのか、修正できる場合はいつまで可能なのか、また、修正料金はどうなるのかといった点に注意し、アフターサービスについて調べておきましょう。

デザイン性も重視したい時には

一般的なオーダーメイド枕の特徴として、機能面では非常に優れているものの、デザイン性に乏しいという点があります。おしゃれなデザインを希望する場合、店舗のスタッフに相談してみることが大切です。
枕そのものをデザインできなくても、お気に入りのデザインのカバーを製作してくれるのであればデザインの問題は解決されます。このようなオーダーメイドの枕のデザイン性の知識を持ったうえで、予め店員と打ち合わせしておくことが大切です。

寝具や就寝環境の情報を正確に伝えよう

オーダーメイド枕の購入では、体型の他にも現在使っている寝具や寝室の環境に関する情報も枕の製作に役立ちます。自分の睡眠に関する情報をメモしたり、寝具の写真を撮ったりしておくことで、オーダーメイド枕を作りやすくなります。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る