快眠のためのベッド選びのヒント

suimin

私たちは1日の3分の1は寝ています。そして健康的な生活をするためには快眠が重要になります。
今回はその快眠のための要素の1つである、よいベッドの選び方をご案内します。

よいベッドの選び方

まずは買う時は最低でも10台以上のベッドに寝てみましょう。マットレスのタイプの違いによって、
体の感じ方が大きく違うことが分かります。そして自分が快適だと思ったものにすること、
信頼のおけるメーカーの製品を選ぶこと、ある程度の値段以上のベッドを選ぶことがポイントです。
今までは外観や値段でベッドを選びがちでしたが寝心地を充分に確かめましょう。
安眠の基本は快適なことです。、気持ちがいいということは、すぐに睡眠に入れて
ぐっすり眠れることに直結します。

どんなベッドがいいか

今は有名メーカーのベッドであれば、フカフカ過ぎて心配ということはありません。
高級な物ほどスプリングがしっかりしていて、寝心地もよく、耐久性も高いと考えられます。

家具メーカー系のベッドとベッドメーカー系のベッドの違い

ベッドには家具メーカー系とベッドメーカー系があります。一般の家具メーカーの大半は、
自社でマットレスを製造していません。一般家具メーカーのベッドを選ぶときは、
マットレスの製造元を表示しているかどうかを見ましょ
う。一方、ベッド専業メーカーはマットレスを自社生産しているので、
コストの大半はマットレスに掛けています。
また、マットレスだけを販売するメーカーもありますから、一般家具メーカーのヘッドボードと、
マットレスメーカーのマットレスを別々に買って組み合わせることもできます。

 ベッドのローテーション

ベッドを長持させるには「ローテション」が必要です。ベッドのローテーションとは、
マットレスの前後の入替え、表裏の入替えのことです。3カ月に一度マットレスの前後を入替え、
次の3カ月で表裏をひっくり返し、次にまた前後を入れかええることが必要と言われています。
欧米ではベッドのローテーションは日常習慣になっていますが、日本ではまだ定着していません
しかしローテーションをしないと、一部分にだけ力がかかり、寿命が減ります。是非始
めましょう。

まとめ

いかがですか。ベッドを選ぶ時の大事な事やベッドを長持ちさせる方法などは以外に知らないものです。
やはり快眠することにより活動的で健康な生活ができます。
私たちは起きている時の食事や運動については考えますが、睡眠に関してはそれほど重要視しません。
快眠を支えるベッドについても充分な配慮をすると、充分な快眠ができさらに充
実した毎日を送ることができることでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る