快眠できる環境をつくる!四季に適した部屋の温度や湿度とは

suimin

夏場の暑さや湿度の高さ・冬の寒さでなかなか寝つけなかったり、寝苦しくて熟睡感が得られなかったりなど、季節によって睡眠が左右されることがありますよね。

季節ごとに部屋の適温が異なるので、温度や湿度がそのときどきに合っていないときちんと眠れない原因になります。

快眠を得るには、寝室の環境を整えることが大切です。

そこで、季節に左右されずにしっかり睡眠をとるための工夫やポイントなども合わせ、四季ごとに最適な睡眠中の部屋の温度をご紹介します。

理想的な睡眠環境とは

寝室の温度や湿度は、四季のある日本では時季ごとに適したものが異なります。部屋の温度や湿度が高すぎても低すぎても、快眠を得られない大きな原因になるのです。

理想的な睡眠環境は、「一晩中部屋の温度を一定に保っておくこと」といえます。

人は温度の変動に非常に敏感なので、寝ている間に室温が変わると寝苦しさを感じたり、途中で起きてしまったりする原因になります。

そのため、部屋の温度や湿度の管理はエアコンなどでおこなうほうが合理的なのです。そして、エアコンを使う場合は適温を設定して朝まで連続して使うのがよいでしょう。

タイマーをセットして途中でオフにすると、部屋の温度に変化が起こったとき中途覚醒につながりやすくなってしまうからです。

快眠できる部屋の温度や湿度

次に、快眠につながりやすい季節ごとの適温をご紹介します。

まず、理想的な睡眠中の湿度は、季節を問わず50%前後といわれています。50%の湿度を一晩中保っておくと快眠しやすくなるでしょう。

そして、春の適度な部屋の室温は、20℃~23℃ほどとされています。

夏の部屋の温度は26℃前後が最適といわれています。気温だけでなく湿度が上がりやすい時季なので、扇風機とエアコンを併用するのも効果的です。

秋の部屋の温度は春と同じ20~23℃くらいとされています。寒い時季に向かう季節の変わり目なので、寝ている間の寒暖差が大きくならないように注意するとよいでしょう。

冬の部屋の温度は18℃~23℃が最適とされています。室温が低すぎると血管への負担が大きくなるので寝ている間の適温を意識しましょう。また、乾燥しやすい時季なので湿度も60%ほどに保っておくとよいでしょう。

夏場の快眠のポイント

とくに気温や湿度が上がる夏場の快眠のポイントをご紹介します。

寝ている間の寝室の適温や理想的な湿度は先述のとおりです。ですが、エアコンの使用で電気代が気になったり、朝の身体のだるさや冷えが気になったりでなるべくなら使いたくないという人もいらっしゃるでしょう。

その場合は除湿器や扇風機などを活用したり、通気性や吸湿性にすぐれたパジャマを選んだりしたりなどの工夫をすることをおすすめします。

なお、寝苦しいのに我慢していると体調不良や寝ている間に熱中症になる原因にもなります。適切にエアコンを使うようにするとよいでしょう。

夏場は日中からの睡眠環境の工夫も大切

また、夏場は寝る前からも睡眠の環境を整えておくと快眠しやすくなります。

まず、昼間も寝室に熱がこもらないような工夫も大切です。家にいる間は窓やドアを開けて寝室の風通しをよくしておきましょう。

窓から強い日光が差し込まないよう、遮光カーテンやすだれを活用するのもおすすめです。

通気が確保できず熱がこもってしまった場合は、扇風機などで換気を十分におこないましょう。

冬の快眠のポイント

そして、気温が下がり乾燥しやすい冬の快眠のポイントもご紹介します。

睡眠中の部屋の温度や湿度については先述のとおりですが、少々補足します。

冬に寝つきが悪くなるのは、寒さによる「冷え」が大きな原因です。

寒くて血管が縮み全身の血行が悪くなり、身体に冷えを感じると、全身の筋肉が緊張状態になり睡眠の質が下がるだけでなく肩こりや頭痛の原因になる場合があります。

そのため、寝ている間の室温は18℃~23℃を保つのが最適なのです。

とはいえ暖房器具にだけ頼るのではなく、遮熱性のあるカーテンを活用して寒い外気が入り込まないような工夫をするとよいでしょう。

また、乾燥しすぎは風邪を招く原因にもなるので暖房は夜中には切っておき、起きる時間に合わせてタイマーを設定しておくのをおすすめします。

あらかじめ部屋を暖めておく時間に設定しておくと、スムーズな寝起きにつながります。

湿度は60℃くらいに保っておくのがベストです。加湿器では追いつかない場合もあるので、濡れタオルを寝室に干して寝ると効果が期待できます。

夏と冬にとくに焦点をあてて、睡眠中に最適な部屋の温度や湿度についてご紹介しました。寝ている間に温度変化がおこらないように工夫することが快眠を得るカギとなります。

ご紹介したことを参考に睡眠環境を整えてみてはいかがでしょうか。季節に左右されない快眠を得る手助けになれば幸いです。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る