寝る前に行いたい3つの習慣

寝る前の時間は、最も自由に使える時間であるという考え方もできます。
そのため、寝る前に自分の好きな事をしたり、日中行うことができなかった作業を行う人も多いでしょう。
寝る前に行うことで、日中に行うよりも効率良く有効に働くケースもあります。

寝る前に勉強をすると効率が良い

記憶した内容は、就寝中に記憶となって脳に定着するため、勉強した後は十分に睡眠を取ることが大切です。
寝る前に勉強をする場合に重要な点は、定着させたい内容以外の情報を頭に入れないようにするということです。
脳は寝ている間に記憶を整理し、この整理の作業を断片的に覚えている状態が夢と呼ばれています。
つまり、勉強をした内容が翌朝には整理された状態になります。
暗記などの勉強は寝る前、読解などは頭が冴えている朝に行うことがおすすめです。

る前のスキンケアで美肌効果も

寝ている間に分泌されるホルモンの1つ「成長ホルモン」は、身体の細胞を修復したり、肌のターンオーバーを促す作業に関連しています。
そのため、睡眠不足では肌のターンオーバーが行われなくなり、キメが荒くなるなど化粧乗りにも影響を及ぼし、シミやくすみの原因にもなります。
また、寝不足で免疫力が低下するため、肌トラブルも起こしやすくなるでしょう。
肌トラブルの修復にも時間が掛かってしまうため、睡眠不足は美容に悪影響を及ぼします。
寝る前にスキンケアを行うことで、美容液などの成分が成長ホルモンのサポートを行います。
そのため、1時間前までに入浴やメイク落としを済ませ、スキンケアを行うことがおすすめです。
入浴や洗顔によって、一時的に体温が上昇したり脳が活性化します。
1時間前後で体温が下がり、眠気を覚えます。
また、スキンケアと合わせて、デコルテなどをマッサージしましょう。
血行を促進することで、美容効果と合わせてリラックス効果や体温調節のサポートにも繋がります。

就寝環境を変えることも効果的

睡眠の質を上げることは、記憶の定着や細胞の修復などにも影響を与えます。
寝室の環境を変えることは、睡眠の質を左右する重要なポイントです。
就寝時の部屋は暗くして、光によって脳が興奮状態とならないようにします。
月の光や、街灯などの光も感知してしまうため、光を通さないカーテンなどを使用しましょう。
また、寝室の温度も就寝に適した温度にする必要があります。
温度が高いと、寝つけない、起きてしまうなど睡眠を妨げることに繋がります。
適温は、夏場で25℃~27℃、冬場は15℃~20℃がおすすめです。
温度だけではなく、湿度も調整します。
50%~60%に設定し、タイマー機能を利用する場合は3時間以上の時間で設定しましょう。
入眠から3時間は、最も深い眠りにつく時間です。
この時間内に目覚めないよう、注意が必要です。

寝る前の習慣で生活を充実させる

資格取得のための勉強や、スキンケアは寝る前に行うことで効率が良くなります。
また、就寝する場所の環境を見直すことによって、さらに効果を高めることが期待できます。
寝る前に行動をすると寝つけないという人は、無理に行動をする必要はありません。
就寝環境を整えて、日中のパフォーマンスを向上させましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る