睡眠前にストレッチをしよう

良い睡眠を取って毎日気持ち良く行動したいと思っている人はたくさんいます。悪い質の睡眠を取ってしまうと、疲れがなかなか取れず、だるいと感じた状態で朝起きることになってしまいます。良い睡眠を取る方法として注目されているのが、ストレッチです。激しい運動が苦手な人でもストレッチなら体の負担を感じること無く、血流の流れを良くして快眠することが可能です。良い睡眠を取るのに効果的なストレッチについて学び、実行することが大切です。やり方は簡単なので、すぐに慣れるでしょう。

ストレッチと良い睡眠の関係を知ろう

寝る前にストレッチをすることが快眠への近道です。寝る前の数分間の間にストレッチを行うことにより、心と体を緊張状態から解放することができます。その結果、ストレスを感じること無く気持ち良く寝ることが可能です。足や腕を引っ張って行うストレッチは、血流を良くする効果があるだけで無く、リラックス効果が期待できます。リラックス効果が生まれると体の副交感神経が刺激され、少しずつ眠くなります。

ただし、ストレッチが良い睡眠効果を生むからと言って、自分を追い込んでしまうような激しいストレッチを行ってしまいますと、怪我をする危険性がありますので、自分に合ったストレッチをすることが重要です。

股関節付近をほぐそう

寝る前に行うストレッチとしてお勧めなのが、股関節周辺をほぐすことです。冷え症やむくみを改善し、血流を良くしてくれる効果がありますので、夜気持ち良く寝ることができるでしょう。やり方はとても簡単で、床の上に座ってあぐらをかき、両方の手で足を包んでゆっくりと深呼吸をします。その際、背中をしっかりと伸ばすのがコツです。

寝る前はクールダウンストレッチをしよう

ストレッチにはウォームアップタイプと運動の最後に行うクールダウンタイプがあります。寝る前に行うべきなのは、クールダウンタイプのストレッチです。ウォームアップタイプのストレッチは、関節の動く範囲を広げるなど、これから運動をする人に向けた準備となっていますので、良い睡眠効果を得たいと考えている人には向いていません。

その点、クールダウンタイプのストレッチは筋肉などの柔軟効果がアップし、血流を改善して緊張を取り除く効果が期待できます。体を動かすためでは無く、体をきちんと休めて翌日気持ち良く起きることが大切ですので、ウォームアップタイプのストレッチはやらないようにしましょう。

ストレッチをやってみよう

寝る前に行うと安眠効果が期待できるクールダウンタイプのストレッチはいくつか種類があります。ベッドの上でできるものばかりですので、気軽に行うことができるでしょう。首の後ろを伸ばして行うストレッチは、ベッドの上に仰向けになり、首の後ろ側を両方の手で支え、お腹部分が見える位置まで首を持ち上げましょう。背中と脇腹を伸ばすストレッチを行うときは、仰向け状態になり、上半身は天井を見て、右足を左側にむけてねじって行います。前太ももを伸ばす時は、正座で座り、そのまま仰向けになってしっかりと伸ばします。

ベッドの上でできるストレッチはいくつかありますので、寝る前の時間を有効活用できるよう、しっかりと体を伸ばして良い睡眠を取ることができるようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る