寝られないあなたに捧ぐ、快眠テクニック5つ

suimin

季節を問わず、時間を問わず、眠れないあなたにぜひ読んで欲しい、気持ちよく眠れるための方法です。なかなか眠れない夜はもう終わり、夜中に起きることもなく朝までぐっすり眠って休息しましょう。

コーヒー、最後に飲んだの何時?

まず一つはカフェインの効果を回避することです。普段からコーヒーなどカフェインを多く含む飲食をしている方は特に注意してください。カフェインは摂取すると、なんと8時間も効果を発揮します。夜10時に就寝したいのであれば午後2時からは摂取してはいけません。0時以降に寝る人も午後4時以降は避けて下さい。夕食の前後にコーヒー1杯は実は良くないんですね。

明日の朝、不安にならない

眠るために明日の準備をするのもリラックスできる行為です。着替えを用意したり、必要な書類などをカバンにしまったり。歯磨きを寝る直前に行うのも良いですね。明日の準備が万端整っていれば、朝になってからバタバタする必要がないので、寝る前に不安になることがありません。逆に言えば、不安ならばきっちり解決してしまったほうがいいのです。面倒だから行わないのは自由ですが、その所為で眠れないのであれば何のメリットもありません。

ストレッチで体のリラックス

自分は寝たいと思っているのに眠れない時は、体が眠れる体勢を整えられていない可能性が高いです。そんな時には軽い運動、ストレッチをしましょう。体を伸ばしたりすると、疲労感から体も寝ようと思ってくれるんです。軽い疲労感はむしろ気持ちよさも感じさせてくれますよ。

腹式呼吸してますか?

深呼吸するのもリラックスには効果的です。心と体、双方の緊張をほぐしてくれます。お腹を膨らませるようにして息を吸い込み、ゆっくりと吐き出してください。腹式呼吸も立派なストレッチですし、体の健康やダイエットにも役立ちますよ。普段呼吸に意識を向けていない人は、これを機に毎日続けてみてくださいね。

怖くても電気は消そう

最後に紹介するのはライトです。部屋の明るさが原因で、脳がまだ日中だと錯覚して、眠れないということがあるんです。真っ暗にするのは怖いという場合でも、できる限り光は避けて下さい。もしくは電気はつけていても、アイマスクをするなどして、自分では光を感じられない状態を作るのも効果的ですね。
以上が快眠のための5つのテクニックです。いずれも特にコストや労力をかけることなく行えますし、眠れそうだと思ったら全てを行う必要もありません。好きなものを選んでください。ぜひ今晩から取り入れて、明日をスッキリ生活できるようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る