寝ているのに疲れが取れない!睡眠の質を高める3つの方法とは

睡眠の質が悪化することの影響

睡眠は脳内の情報の整理や筋肉・内臓の疲れを取る役割を担っており、睡眠不足に陥ると翌日だるさを感じるなどの影響が出ることが知られています。しかし、実は睡眠時間がしっかり取れていても、睡眠の質が悪いと寝不足同様、翌日にだるさ・強い眠気といった悪影響が生じます。
また、体のだるさは精神的な疲労にも繋がり、睡眠の質が下がることで結果的にストレスを溜め込んでしまい、心身ともに疲れ切ってしまうというデメリットもあります。

睡眠の質を下げる3つの要因とは

長時間寝ているはずなのにすっきりしないという睡眠の質の低下は、主にストレス・生活習慣・就寝前の生活パターンによって引き起こされます。これら3つは独立して良質な睡眠を妨げているというより、それぞれが密接に関わりあって睡眠の質に影響を及ぼしているので、3つの要因全てに関して知識を持つことが大切です。

ストレスは睡眠の質低下の悪循環を生む

ストレスは不眠を引き起こすだけでなく、睡眠の質の低下にも繋がり、過度なストレスが継続的にかかってしまうと睡眠障害を発症することもあります。悪夢を見たり、精神的な緊張が体の硬直を起こしたりといった作用をストレスは持っており、睡眠の質が低下するとともに更なるストレスを生み出すという悪循環が起こってしまいます。

睡眠と生活習慣の関わり

睡眠自体も生活習慣の一つに含まれていますが、その他の重要なものとして食・運動の習慣があります。食事の栄養バランスが崩れていると、寝ている間に体を修復するために必要な栄養が不足し、睡眠の質が低下してしまいます。また、運動不足が起こると睡眠の質の向上に必要な適度な疲労が得られなくなってしまいます。

就寝前の環境と睡眠の質

人は本来、日差しを浴びることで体内時計が調整されて暗くなると眠くなるようにできています。しかし、最近では夜間にスマートフォンやパソコンなどの電子機器を使うことが多く、画面の明かりが体を覚醒状態にしてしまい、睡眠の質の低下を引き起こします。同じように部屋の照明や長時間のテレビの視聴も睡眠に影響しますし、就寝前の過度な運動も睡眠の質を下げてしまいます。

運動でストレスを解消してしっかり睡眠を!

生活習慣の一つである運動習慣を改善し、適度な汗をかくことで気分がさっぱりしてストレスの解消が期待できます。運動では全身の血行が改善されるため、ストレスによってこわばった筋肉を解す役割もあり、睡眠の質を上げるのに欠かせないものと言えます。

食生活ではタンパク質を重視!

現代の食生活では炭水化物が多くなりがちで、逆にタンパク質は少ないという傾向があります。タンパク質は筋肉や組織の修復に関わっており、肉や魚だけでなく、大豆などの野菜にも含まれているため、これらの食品を積極的に摂ることで睡眠中の体の回復に必要な栄養を補給できます。

照明を減らして体を睡眠モードに!

就寝前の環境の中でも特に、部屋の明るさは睡眠の質を大きく左右します。一日中光に当たると体は起きている状態を維持してしまうため、部屋の明かりを一段階暗くするだけでも睡眠の質を改善できる可能性があります。
また、間接照明を使って多くの明かりが直接体に当たらないように工夫すると、睡眠の質を大幅に高めることができます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る