実は怖いいびき!快適な睡眠を妨げる危険性も…

suimin

みなさんは、自分の「いびき」を指摘されたことがありますか?

「はい」と答えた方、初めてそれを聞いた時はどんな気持ちでしたか?

いい気持ちはしないと思います。

実はこのいびき、周りを不快にするだけでなく、自分の健康さえ脅かされる危険性を秘めています。

今回は、睡眠における「いびき」のお話です。

いびきは放っておくとこんな危険性が!

まず、いびきのメカニズムについて説明しましょう。

人間が呼吸する際、吸った息や吐く息は上気道を通ります。

この上気道の、狭くなっている部分の粘膜が空気抵抗により振動し、これが音になります。

管楽器を吹いた時、空気抵抗でリードが振動して音が鳴るのとまったく同じ原理です。

いびきには、危險な病気が潜んでいることがあります。

まずは睡眠時無呼吸症候群。

名前の通り、眠っている時に呼吸が止まったり、呼吸量が減ったりする時間帯があるという病気です。

影響はいろいろあります。

まず呼吸が止まると脳が覚醒するため、眠りが浅くなります。

熟睡できないと、日中に猛烈な眠気を催し、仕事や車の運転に支障をきたします。

また、睡眠時無呼吸症候群は、生活習慣病とも密接に関わっています。

睡眠時に呼吸が止まると血液中の酸素の濃度が低くなりますから、動脈硬化や不整脈の原因となります。

また、熟睡できないことにより血圧や血糖値が上昇し、代謝量が落ちるため太りやすくなります。

症状が重い場合、睡眠時無呼吸症候群の死亡リスクは、健康時の約4倍にまで跳ね上がるのです。

睡眠時無呼吸症候群以外にも、潜んでいるかもしれない病気はあります。

中でも怖いのは、呼吸器系の病気でしょうか。

次の章でも書きますが、左右の鼻の穴の仕切りが曲がっている「鼻中隔彎曲症」、鼻の慢性的な炎症により鼻の粘膜が分厚くなる「肥厚性鼻炎」、鼻の粘膜がポリープ状になる「鼻茸症」、副鼻腔に膿がたまる「副鼻腔炎」、扁桃腺が頻繁に腫れる「習慣性扁桃炎」、のどの奥のアデノイドが大きくなる「アデノイド肥大」などがいびきの原因となっていることがあります。

これらは放置すると睡眠時無呼吸症候群になりかねませんので、治療の必要があります。

治療すれば、いびきも止まります。

いびきを解消するにはどうすれば?

先述の通り、いびきは上気道が狭くなることにより発生しますが、原因はさまざまです。

口呼吸…いびきをかいている人の多くは口を開けて寝ている
舌が大きい…舌が気道をふさぐ
のどちんこが長い…のどちんこが気道をふさぐ
下顎が小さい…広い気道を確保できない
首が太くて短い…やはり広い気道を確保できない
鼻中隔彎曲症などの病気…先述の通り
肥満、特に首周りの脂肪の増加…脂肪が気道を狭める
仰向け寝…気道周りが落ち込み、狭まる
鼻詰まり…スムーズな呼吸が妨げられ、口呼吸を余儀なくされる
ストレス、疲労の蓄積…大量の酸素を取り入れようとして口呼吸に。また状態を解消しようと筋肉が弛緩し、気道が狭くなる
アルコールの摂取…筋肉が弛緩し、気道が狭くなる。酔いがさめれば解消
女性ホルモンの減少…舌を支えるオトガイ筋が弱くなり、落ち込む舌が気道をふさぐ

いびきをなくすためには、これらの原因の解消が必要です。

以下の対策が有効となります。

病気のある人はその治療
鼻詰まりのある人はその治療
太っている人は減量
横向きに寝る
寝酒をしない
寝室の湿度を保つ
「いびき体操」を行う
それでも気道が確保できない場合は、マウスピースなどの補助具を使う

寝室の湿度を保つのは口呼吸を防ぐためです。

「いびき体操』とはオトガイ筋を鍛えるための体操で、これにより舌の落ち込みを防ぎます。

最後に

睡眠時の呼吸は非常に大事で、これに関する問題が解消されるだけでも睡眠は大幅に改善します。

「いびき」を指摘されたら、思い当たる原因を探って、お医者さんに相談してみましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る