安眠効果のある簡単なストレッチと運動3選

日中の疲れが溜まっている場合でも寝つけないという場合、脳は疲労を感じていても身体が疲れてない場合があります。
寝つきを良くすることは、質の良い睡眠を取るために重要なポイントです。
毎日、10分以上の運動で身体を動かすことは大切です。
適度に身体へ疲労感を覚えさせるためにおすすめの運動は、同じリズムを繰り返す運動です。
10分程度の簡単な運動であるため、寝る前の週間にすると良いでしょう。

理想的なリズム運動とは

同じリズムで繰り返す運動はジョギングやウォーキング、水泳などとなります。
これらの有酸素運動は、すべて有効な運動です。
同じリズムを繰り返す運動は、リラックス効果のあるセロトニンを分泌させる働きも期待できます。
また、セロトニンは眠気を覚えるメラトニンというホルモンに変化をします。
そのため、運動によってセロトニンを増やすことで、眠気を覚えやすくなるということです。
これらの有酸素運動は、20分以上行いましょう。
短時間では身体が疲れを感じず、寝つきの良さを左右することはできません。
また、就寝直前に行うと脳が活性化してしまい、寝つきが悪くなります。
そのため、就寝の2時間前までに留めましょう。

ストレッチだけでも変化が起こる

ジョギングや水泳は、準備も必要であり忙しい場合には行うことが難しいでしょう。
その様な場合には、自宅でできるストレッチも有効です。
簡単なストレッチであっても、血行を促進する効果が期待できるため、身体が温まり寝つきが良くなります。
血流が良くなり、身体が温まってから体温が低下するまでは1時間程度の時間が掛かります。
ストレッチを行う場合、就寝時間の1時間前までに行いましょう。
また、就寝前にストレッチをすることによって筋肉が解れ、リラックスする効果も期待できます。
デスクワークや立ち仕事など、筋肉が凝っていると自覚している人はストレッチから始めることがおすすめです。

簡単なストレッチ方法

寝つきを良くするためには、就寝前に筋肉の緊張を和らげ、全身をリラックスさせる方法が有効です。
まずは仰向けになり、両腕は頭の上まであげます。
足も伸ばし、心地良く筋肉が伸びていると感じる場所で止めて深呼吸をするだけです。
全身の筋肉を収縮させることで、肩こりにも効果が期待できます。
また、天井方向へ足と腕を上げて、足首と手首を振るというストレッチも手軽に行うことができます。
手先や足先に滞っていた血のめぐりも良くなり、むくみの解消だけではなく内臓機能にも良い効果が期待できます。

寝つけないときに試したい運動

ベッドに入ってから、寝つけずに困っている場合にも簡単な運動が有効です。
寝つけない場合、足の血行促進するストレッチを行いましょう。
足首に力を入れ、足首の力だけで手前に引きます。
5秒維持した後、足先伸ばすという動作を繰り返します。
足に疲れを感じるまで繰り返すと、足の血行が促進されるため、リラックス効果が期待できます。

まずは簡単なストレッチがおすすめ

スムーズに寝つくことは、一晩質の良い睡眠を取ることに繋がります。
有酸素運動を始めることが難しい場合には、まずストレッチから試してみましょう。
ポイントは血行を促進してリラックス効果を得ることです。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る