安眠効果のある寝室ライトを選ぶ3つのポイント

疲れていても寝つきが悪いといった悩みを持つ方は多いです。
この様な場合、寝室のライトが関係をしている可能性もあるでしょう。
寝室のライトを変更することで、部屋の雰囲気も全く異なるものへと変わり、加えて安眠効果も期待できます。
優しい光で寝室を包むことで、心身ともにリラックス状態となります。
深い眠りにつくことで自律神経も正常化され、朝の目覚めの良さにも影響を与えます。
しかし、一概にライトといえど種類は豊富です。
安眠効果を期待できる寝室のライトを選ぶポイントと、おすすめのライトを紹介します。

安眠とライトの関係性

安眠効果と寝室のライトには、どの様な関係があるのでしょうか。
深い眠りにつくために必要となるのは、睡眠ホルモンである「メラトニン」です。
メラトニンが分泌される量が安定している場合、安眠できます。
しかし、就寝前に明るいライトで光を浴びてしまうと、脳が活性化されてしまいます。
脳からの信号により昼と夜を勘違いした状態になるため、「眠くない」と判断し、メラトニンが分泌されにくい状態となり安眠を妨げることに繋がります。
安眠するためには、いかにスムーズに眠りにつくことができるのかという点が非常に重要です。
そのため、寝室のライトには気を配る必要があります。

寝室ライトを選ぶ重要なポイント

寝室のライトを選ぶ際には、いくつかのポイントがあります。
まずは、電球がむき出しになっているタイプのライトを避けることです。
先にも挙げた通り、睡眠の前に明るい光を浴びてしまうことは安眠の妨げになります。
寝室のライトは、明るさよりもカバーが付いているような優しい光を取り入れることができるライトを選びましょう。

間接照明がおすすめ
可能な限りライトが目に当たらないタイプを選びます。
顔や目に直接光が当たってしまうと、脳が活性化され目が覚めてしまう事に繋がります。
ライトを調整し、壁や天井などに回転できる照明であれば、ピンポイントではなく間接照明として寝室全体を照らすことが可能です。
また、パソコンやスマートフォンの画面に含まれることで有名なブルーライトは、脳を活性化させてしまうため、寝室のライトとしてはおすすめできません。
流行のLEDライトには、ブルーライトが含まれている商品もあります。
そのため、目にも脳にも優しいブルーライトが含まれていないLEDライトが必要です。

フットライトを使用する際のポイント

フットライトを使用する場合、光が見えないように設置しましょう。
夜間、お手洗いに行く際や暗闇では寝付けないという場合にはフットライトが便利です。
しかし、柔らかい光のフットライトを選び、横になった際に光が見えない位置に設置する必要があります。
お手洗いなどの移動時に必要な場合は、ワンタッチでスイッチを入れることができるタイプのライトがおすすめです。

ライト選びのポイントを押さえて安眠を目指す

安眠と光には、密接な関係があります。
そのため、寝室のライト選びは非常に重要になります。
デザインの好みだけで選ぶことなく、ブルーライトカットや光の色、設置場所にもこだわりましょう。
スムーズに眠りにつくためのポイントを押さえて、ライトを選んでください。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る