安眠効果が期待出来る寝る前におすすめの飲み物3選

寝つきが悪い、疲れが取れないと悩んでいる方は非常に多いです。
悩みがある、ストレスが溜まっているなど、自律神経の乱れを引き起こしている事が原因であるケースが考えられます。
精神を落ち着かせることによって、安眠効果が期待出来る飲み物を3つ紹介します。
眠れないと悩んでいる方は、是非参考にしてください。

睡眠ホルモンに変化するホットミルク

冷えた牛乳ではなく温めた牛乳は、胃腸にも刺激が無く、トリプトファンと呼ばれる成分が含まれています。
この成分は、睡眠に影響を与えるメラトニンという物質に変化をするものです。
夜間は、この物質の量が増加することによって、眠たくなるという仕組みになっています。
しかし、ストレスや年齢を重ねていくとメラトニンの量が減少して行き、眠気を覚えにくくなるという点も寝つきの悪さに繋がります。
牛乳含まれるカルシウムも、神経を落ち着かせる効果が期待できるため、ストレスを感じている場合にはおすすめの飲み物であるといえるでしょう。
神経が高ぶっているという自覚がある時にはおすすめの飲み物です。

リラックス効果のあるカモミールティー

甘い酸っぱい様な、爽やかな香りだけでもリラックスできる飲み物がハーブティーです。
神経の昂りを抑えた上で、疲労回復効果も期待できます。
安眠効果だけではなく、起床時の体の軽さにも影響を与えます。
数あるハーブティーの中でも、最もリラックス効果が高いとされているのはカモミールティーです。
フルーツの様な香りであり、非常に飲みやすいものの、そのままでは飲みにくいと感じる場合にはメープルなどを少量加えると飲みやすくなります。
カモミールティーが苦手な場合は、他のハーブティーを試してみることもおすすめです。

胃腸から体を温める白湯

ホットミルクやカモミールティーなどの飲み物は、寝る前に飲む場合カロリーが気になるという方も多いでしょう。
白湯であれば、カロリーは気になりません。
ダイエット中の方であっても、安心して飲むことができます。
一度沸騰させることで、水道水のカルキのにおいが抜けるため飲みやすい事も特徴です。
温めた白湯は、自分の飲みやすい温度まで調整した上で、ゆっくりと飲みましょう。
胃腸を通して、体内の温度を徐々に上げて行きます。
血流が促進されるため、体が温まり安眠効果が期待できます。
睡眠はカロリーを消費するため、寝る前に血行を促進させておく事で基礎代謝を上げることにも繋がるでしょう。
脂肪が付きにくい体作りというだけではなく、風邪をひきにくくなる効果も期待できます。
安眠効果以外の嬉しい効果も期待できる点や、すぐに準備が出来るという点から、白湯は非常におすすめです。

安眠の為には寝る前の飲み物は意識する

寝付けない場合、ストレスや考え事が多く神経を使っている証拠でもあります。
まずは、気持ちを落ち着かせることが重要です。
基本的に、温かい飲み物は血行を促進することから、安眠に繋がりやすいでしょう。
また、温かい飲み物はゆっくりと飲むことになるため、気持ちを落ち着かせることにも繋がります。
疲れている時には、寝る前にホットミルクやハーブティー、白湯などの温かい飲み物を試してみてくださ

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る