安眠を誘うキャンドルのやさしいゆらぎでリラックス

「布団に入る前は眠たいのに、入ると目が冴えてしまって寝つけない…。」

そんな悩みを抱えている人は多いかもしれませんね。

リラックスできない・眠れないという場合に試してほしいのが、安眠効果の期待できるキャンドルの活用です。

キャンドルの光を見つめているだけでリラックスできてよく眠れる、というのはよく耳にしますね。

ならば、そのやさしい光がもたらすリラックス効果を味方につけて安眠を得てみませんか?

この記事では、キャンドルがなぜ癒しに有効なのかの理由や安眠効果を上げる使い方などをご紹介します。

キャンドルの持つ「1/fゆらぎ」で心身をリラックス

「1/f(エフぶんのいち)ゆらぎ」という言葉をご存知でしょうか? 普段、なにかを見聞きすることで心地よさやリラックスを感じることができる理由がそこにあります。

自然界にはたくさんの「揺らぎ」が存在しています。人の心臓の鼓動、雨音や木漏れ日、小鳥のさえずりや波の音などがイメージしやすいかもしれませんね。

このように、規則正しいようで不規則なゆらぎのことを「1/fゆらぎ」といいます。そして、人に安心感と深いリラックス効果を与えるといわれているのです。

キャンドルの炎にはこの「1/fゆらぎ」の作用があるので、安眠にも効果が期待できるといわれています。

火を見つめると気持ちが落ち着いてくる、という経験をしたことはありませんか?

ゆらゆらと微妙な変化が規則的に続く炎のやわらかな光を見つめていると、緊張していた神経が鎮まりリラックスを呼び起こすことができるからです。

寝る前30分間のリラックスで安眠

「1/fゆらぎ」の効果を持つキャンドルを寝る前に使うと、安眠につながりやすくなります。

寝る30分ほど前に、照明やテレビなど視界からの刺激となるものを消してからキャンドルに灯りをともしてみましょう。

その炎の揺れる様子をながめているだけで心が落ちつき、眠気を催しやすくなります。

キャンドルの炎は心拍と同じリズムで揺れるといわれていて、非常にすぐれた癒し効果が期待できるといいます。

ポイントは、頭であれこれ考えずに無心で炎を見つめること。

ずっと火を見つめているのが難しいという場合は、シンプルに部屋の間接照明にするだけでも十分リラックス効果が得られます。

その間に温かい飲み物などを飲んだり、軽いストレッチをしたり身体のリラックスを促すのもよいでしょう。気持ちが落ち着く音楽を聞きながら過ごすのも効果的です。

また、お風呂にキャンドルの光を灯して持ち込むのもおすすめです。キャンドルのやさしい光だけでお風呂に入るとくつろいだ雰囲気が演出でき、よりゆったりした気持ちになりリラックスできるでしょう。

香りのあるキャンドルで癒し効果をアップ

キャンドルには無香のタイプと香りのあるタイプがあります。

無香のものを使っても十分リラックスできて安眠の効果が期待できますが、せっかくよい香りのあるキャンドルもたくさんあるので使ってみてはいかがでしょうか。

香りは、人の持つ五感のうちでもっとも本能的といわれる「嗅覚」を刺激します。

火をともすとよい香りのするアロマキャンドルは、その香りでストレスを軽減したり1日の疲れの回復を促したりする効果もあるのです。

寝つきをよくする効果があるとしておすすめの香りは、「ラベンダー」や「カモミール」です。これらには鎮静作用があるので神経が落ちつき、自然と眠気が訪れるといわれています。

他に、「イランイラン」や「ベルガモット」などは不眠を改善できる香りとされています。

とはいえ、自分にとって好みの香りを選ぶのが一番のリラックスです。実際に香りを嗅いでみて、落ちつくと思ったものを選んでくださいね。

炎の揺らぎを見つめるのと一緒によい香りを嗅ぐことでより深く癒やされるので、寝つきもよくなり安眠を得やすくなるでしょう。

キャンドルを使うことで得られる安眠効果についてご紹介しました。

夜なかなか寝つけず、夜中には何度も目が覚めてしまうという悩みを持つ人は、一度キャンドルの力を借りてみるのはいかがでしょうか? きっとあなたの日々の疲れを癒して安眠へと導いてくれることでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る