安眠を目指した枕の選び方と3つのポイント

安眠のためには欠かせないアイテムといえば、枕です。
こだわりの枕をオーダーメイドで作るサービスなど、枕の重要性は注目を集めています。
しかし、意外にも枕選びは難しく、寝起きの肩凝りに悩まされる方も多いです。
そこで、枕を選ぶ際のポイントを紹介します。

肩が凝りやすい枕とは

寝ている間、少しでも楽な姿勢で過ごせるようにと、頭全体を固定するタイプの枕を使用する方も多いでしょう。
枕に凹凸があるなど、型が決められているタイプの枕です。
高反発枕として販売されているケースが多く、触り心地の良さから人気となっています。
この形状が、自分に合っている場合には問題ありません。
しかし、決められた形状にフィットする方は決して多く無いはずです。
枕の形状に対して頭の大きさが合っていない場合、不自然な姿勢で寝ている状態となります。
真ん中がくぼんでいるタイプの場合、しっかりと頭が固定されてしまい寝返りが打ちにくくなります。
そのため、肩から首だけではなく、全身にまで痛みや疲れを感じるケースが多いです。
低反発枕の場合、柔らかいために頭が沈み、動かすことができなくなります。
高反発の膜ら同様に、頭が動かせなくなり肩凝りに繋がるでしょう。

正しい枕の使い方を知る

安眠を目指すためには、枕の使い方を知ることから始める必要があります。
首と後頭部の隙間が埋まる様な形状の枕を使用します。
さらに、首とマットレスの隙間も埋めることで頭の重さを分散し、首から肩への負担を軽減させましょう。
隙間が埋まっていることで寝返りも打ちやすく、全身の疲れを取ることができます。
負担を軽減させることで、筋肉が緊張した状態になることを防ぎ、肩凝り予防にも繋がるでしょう。
首と後頭部の隙間を埋めるためには、正しい寝姿勢を知ることが重要です。
寝姿勢とは、立っている状態の首から背中にかけての湾曲と顔の向きをそのままに、寝転んだ状態をいいます。
この寝姿勢を目安に、枕の高さを見極めましょう。

良い寝姿勢とは

自分の寝姿勢が分かったところで、良い寝姿勢もチェックしましょう。
理想的な寝姿勢は、仰向けです。
うつ伏せで寝ることは、身体の圧迫に繋がるため、おすすめできません。
うつ伏せでなければ寝ることができないという場合は、片方の肩に低めの枕などを挟み、可能な限り気道を確保しておきましょう。
良い寝姿勢は、あくまでも眠りにつく際の姿勢です。
寝ている間に、寝姿勢は寝返りによって変化します。
寝姿勢を崩してしまう訳では無く、身体が無意識に楽な姿勢へと変化をしているだけであり、常に気にかける必要はありません。

顔や頭を動かすことができる枕を選ぶ

理想的な寝姿勢であっても、1晩中同じ姿勢で寝ていては、肩凝りや身体の疲れに繋がります。
そのため、頭や顔の向きを変えることができなければ、安眠できる枕であるとはいえません。
枕に加えて、首とマットレスの隙間も確認しましょう。
隙間がある場合、隙間を埋める様な形状の枕を選ぶ必要があります。
体型や姿勢は、個人差があります。様々な枕を試してみることがおすすめです。
固い枕や柔らかい枕など、時々で流行はあるものの、自分に合った枕は自分の姿勢に合ったものを選びましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る