安眠を妨げる騒音をカバーする3つの方法

1日の疲れは、その日の睡眠で解消することが望ましいはずです。
しかし、隣の家から騒音がしていて眠ることができない、外の音がうるさくて眠れないといったこともあるでしょう。
安眠を妨げられる理由は様々ですが、身体の疲れを解消できないという事は問題です。
そこで、安眠を目指すための騒音をカバーする方法を紹介します。

騒音の基準とは

生活をしている上で、自然と発してしまう音は生活音と呼ばれます。
しかし、不愉快に感じる様な音は騒音と呼ばれます。
騒音であると感じる感覚は人それぞれ異なり、更には生活している環境、子供がいる家庭と居ない家庭など、置かれている条件によっても異なります。
さらに精神面での感じ方も加わり、知り合いの出す音と、知らない人間の出す音では不愉快に感じる度合いも異なるといわれています。
この様に、人それぞれ全く異なる「騒音」の定義ですが、数字で測ることによって基準を知ることはできます。
住宅街の昼間であれば55デシベル以下、夜は45デシベル以下の音であれば、騒音とは呼べないと定義されています。
デシベル(dB)は、音の圧を計測した音の大きさです。
デシベルの数字が大きいほど、音は大きいという事になります。
最も大きな音は大声で話している声で、およそ88~99 デシベルです。
ステレオはおよそ70~86デシベル、掃除機はおよそ60~76デシベル、目覚まし時計はおよそ64~75デシベルです。
これらの生活音は、隣の部屋に居る人間が騒音であると感じる値です。
お風呂にお湯をためる音はおよそ57~75デシベル、洗濯機を回している時はおよそ64~72デシベル、テレビはおよそ57~72デシベルです。
テレビは、音量の調整によって大きく差があるでしょう。
通常の話し声はおよそ50~61デシベル、 エアコンの音は41~59デシベルですが、これらはほとんど気になることの無い音です。

安眠のためには遮音グッズを使う

外から入る生活音が気になり、眠れないという場合には遮音カーテンがおすすめです。
カーテン生地が何層にもなっている作りであったり、音を吸収しやすい素材で作られたカー電が販売されています。
金属や樹脂でコーティングされたカーテンもあり、通常のカーテンよりも外の騒音をカバーする効果が期待できるでしょう。
通常のカーテンよりも大きなサイズを選ぶことがポイントです。
窓よりも大きなサイズを選び、窓全体を覆うように使用します。
騒音をカバーする必要がある場合もあるでしょう。
例えば小さな子供がいる家庭では、注意をしていても大きな音を立ててしまう場合があります。
下の階の住人とトラブルにならないためにも、防音マットを使用しましょう。
厚みがあり、防音効果が期待できる専用のマットやカーペットが販売されています。
効果は価格と比例するため、慎重に選ぶ必要があります。

安眠のために低価格なグッズもおすすめ

カーテンを購入する予算が無いという人は、耳栓と音楽を使用して騒音をカバーするという方法も有効です。
音楽を流すことで、騒音を音楽でカバーし、消してしまうという方法もあります。
安眠のためには、クラシックやヒーリング音楽がおすすめです。
耳栓でも騒音を遮る事は可能です。
長期間使用する予定がある場合は、水洗いができるタイプの耳栓を購入しましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る