睡眠をダイエットに活用する方法3つ

痩せないのはどうして?

目標体重に向けてちゃんと食事制限もしているのに、なかなか体重が減らない。なるべく時間をつくって運動しているのに思うように痩せないのはどうして?ダイエットって、必死になればなるほど停滞の時が苦しく感じますよね。

知っていますか?実は安眠とダイエットって、密接な関係があるんです。

もしあなたが毎日食事制限や運動を頑張っているのに体重が思うように減らないのであれば、原因は安眠できていないことかもしれません。安眠したら痩せられるなんて嘘みたいに思うかもしれませんが、本当なんです。

この記事ではダイエットと安眠の関係について詳しくご紹介したいと思います。

痩せたいなら質のいい睡眠を

睡眠不足の日々がつづくと、自然と体にはストレスが溜まっていきます。ストレスはダイエットの大敵です。ドカ食いの原因にもなりますし、体重が減らない時は不安感が増し、1㎏の増減に一喜一憂してしまいます。

睡眠中には脂肪分解作用を持った成長ホルモンが分泌されます。なんと睡眠をしっかりとると、1日約300kcalの脂肪を燃焼してくれる効果があるのです。そしてさらに眠っている時にはレプチンというホルモンが増え、食欲を抑えてくれます。安眠を取ることはダイエットに効果絶大なんです。

そして安眠が取れていないとグレリンという食欲を刺激するホルモンが増えてしまい、食欲が上がってしまいます。夜、夕飯を食べたのに何か食べたくなってしまうことはありませんか?そんな時は体が眠くなっており、グレリンが分泌されている可能性があります。

良質な安眠をとって効果的にダイエットをするには

安眠しながらダイエットを成功させる、コツをいくつか紹介いたします。

睡眠時間は7時間が理想

脂肪燃焼を促す成長ホルモンは眠りはじめの3時間、深い睡眠状態の時に分泌されています。そのあとに糖分を分解するコルチゾールという成分も整い、痩せやすくなります。7時間確保するのが難しい、忙しい方もいるとは思いますが、週末だけでもゆっくりと眠る時間を確保してみてください。

成長ホルモンのゴールデンタイムは22時から3時まで

先ほども説明した成長ホルモンは夜の22時から深夜3時までの間が最も活発に働きます。成長ホルモンを上手く利用できれば、寝ているだけでも痩せることができるので、なるべく夜の22時から深夜の3時までの間は眠っている体内時計をつくりましょう。

夕飯は安眠の2時間前には終わらせましょう

眠る時に胃に食べ物が残っていると安眠の妨げになります。胃が食べ物を消化するため、体が熱くなり、熟睡が難しくなってしまいます。熟睡して成長ホルモンの分泌の働きを良くするためにも、夕食は最低でも眠る2時間前には終わらせておきましょう。どうしてもお腹がすくようであればビスケットを2〜3枚くらいを目安に、少しだけ食べ物を口に入れて食欲をしのぎましょう。

説明させていた情報を参考にして、ぜひ成長ホルモンを利用して安眠をダイエットに役立てていただけたらと思います。そうしたら食事制限や運動などの努力がより実りやすくなります。

ダイエットを良質な安眠で成功させて、美しく健康的な体を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る