安眠のためのサプリ選び!よく効く2つの安眠成分の基礎知識

安眠と睡眠時間

睡眠が十分に取れていることを安眠と呼びますが、具体的には安眠は2つの基準で測ることができます。まず1つ目は、必要な睡眠時間が確保されているかということです。睡眠時間が短くても問題ないショートスリーパーや、長時間の睡眠を必要とするロングスリーパーと呼ばれる方もいますが、一般的には6~8時間の睡眠が安眠には大切です。

睡眠の質が安眠の決め手

睡眠時間を6~8時間キープしていても、翌日あまり疲れが取れていないなど安眠とは言えない場合があります。ここでは肝要なのはもう1つの要素である睡眠の質です。睡眠はレム睡眠とノンレム睡眠の2つに分けられ、前者は主に体、後者は脳を休める睡眠のステージです。これらの睡眠リズムは交互に繰り返されますが、それぞれの睡眠が適切な配分になることですっきりと朝を迎えられます。

サプリはあくまでも補助食品

安眠のために必要な栄養分は、食事の他にも手軽なサプリメントを使って摂取することができます。サプリメントを摂る際に知っておきたいことは、栄養補助食品としてサプリを使うということです。
サプリは最低限のバランスが取れた食事を前提とし、そのうえで足りない栄養を補うものとして販売されています。安眠のためにサプリを購入する際には、食生活を見直してみることも大切です。

継続的にサプリを摂取しよう

サプリは薬品ではなく栄養を補うものなので、処方薬のように素早く効果が出るものではありません。また、効果の発現も緩やかなので、安眠へのサプリの効果を実感するには最低でも3ヵ月程度はサプリを継続的に摂ることが不可欠です。
ただし、体に不調が現れた場合はサプリの飲用を中止し、早めに医療機関を受診して相談するようにしましょう。

グリシンで深く質の良い眠りを

安眠に関わるサプリの成分にグリシンと呼ばれるものがあり、特に眠りが浅い方に効果的な栄養成分です。深い睡眠を取れるようになると疲れが解消されやすくなり、目覚めが快適になるだけでなく一日の活動もしやすくなります。これによって活動におけるストレス量も減り、再び深い睡眠を取りやすくなります。
グリシンは肉類など多くの食品に含まれているものの、安眠効果を得るためには就寝前の摂取が効果的なので、サプリを使ってグリシンを補いましょう。

安眠のサイクルを確立するトリプトファン

脳内物質の中でも安眠に繋がるものとして「セロトニン」、「メラトニン」と呼ばれるものがあります。セロトニンは爽やかな寝起きに作用し、メラトニンはぐっすり深い眠りを取る際に働き、メラトニンはセロトニンが変化して作られます。
トリプトファンをサプリで摂取すると、体内でセロトニンに変化し、不足しているセロトニンが補われることでメラトニン量の安定も見込めます。つまり、気持ちの良い目覚めと安眠のサイクルを生み出し、睡眠習慣を改善する可能性がトリプトファンのサプリにはあるということです。

セロトニン・メラトニンのサプリについて

トリプトファンの摂取によってセロトニン・メラトニンが補えることは先ほど解説しましたが、一方でこれら2つのサプリは脳内物質であることから、安全性が確立されているわけではなく、あまり広く発売されていません。そのため、セロトニンとメラトニンを補給したい場合は、信頼性が高いトリプトファンのサプリを選ぶことを推奨します。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る