眠る時に靴下を履く時に気をつけてほしいこと2つ

眠るとき足元が冷えていませんか?

エアコンで部屋の温度を調整していても、冬だと足先や指先が冷えてなかなか寝付けないことってありませんか?疲れているのに体が冷えて眠れないと、それだけでストレスになりますよね。

足先の冷えをなくすために、靴下を履いて眠る人が多いかと思います。冷え対策が十分にされている靴下だと足の指も温かくなって眠れますよね。でも、夜になって無意識のうちに靴下を脱いでしまっていることはありませんか?

靴下を履いて眠るのはメリットとデメリットがあるようです。この記事では良い面と悪い面を紹介したうえで、良質な安眠を得られる最適な方法を紹介させていただきます。

靴下は眠るときに履かない方が良い?

眠るときに靴下を履かないほうが良いと言われている理由は二つあります。

一つ目は靴下の締め付けに体が反応して、眠りづらくなってしまうという理由です。人間は小さな刺激だとしても、いつもと違う刺激を感じるとその刺激が気になってしまいます。眠って意識がない時でもそれは同じです。なのでなるべく刺激を避けるために靴下は履かない方がいいということです。

二つ目は、眠っている時の体温調節が靴下を履いていることによって妨げられるという理由です。眠っている時も人間は体温調節のために、足の裏からも熱を放出するのですが、靴下を履いているとその熱が外に逃げることができません。その結果、寝ている無意識の間に靴下を脱ぐ現象が起こります。

けれど眠るときに足先が冷えて、眠りにつくのも難しい時がありますよね?靴下にはそんな足の冷えを解消してくれる効果があるので、一概にも履かないほうがいいとは言い切れません。

眠るときに履く靴下は種類に気を付けましょう

さきほど説明した、眠る時に靴下を履くのは二つのデメリットがあります。「靴下の締め付けの刺激が睡眠の妨げになる」「足の裏から出る熱を外に逃がせない」

しかし足先が冷えきっているなか裸足で眠るのは辛いものがあります。それではこの二つのデメリットを考慮しながら利用できる靴下はないのでしょうか?

まず最近では締め付けの厳しくない、部屋で履く用の靴下が多数販売されています。ゴムの締め付けがほとんどない靴下もあるので、こういった靴下を選べば締め付けが睡眠を妨げることはないでしょう。

そして足の裏から出る熱に対応した靴下も販売されています。汗を吸収する素材の靴下だったり、熱を放出することを考慮した通気性の良い靴下もあります。

睡眠をするときのための靴下はたくさん販売されているので、その中から自分に合った靴下を探してみるのはいかがでしょうか?

確かに靴下を履くことによって安眠の邪魔になるデメリットはあります。けれど靴下のおかげで足元が温まりすっと眠りにつくことができるのも事実です。

今現在眠るときに靴下を履くか履かないか迷われているのであれば、私は両方試してみるのをおすすめします。靴下を履かないと全然眠れないという方もいますし、靴下を履いていない方が安眠できるという方もいると思います。

私自身は靴下を履いて眠って、よく眠れなかったという経験がないのでいつも靴下を履いて寝ています。ただし個人によって差があるのは事実です。

自分に一番合った足元の対処法を探し、良質な安眠を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る