安眠のために行いたい4つの習慣

安眠のためには、寝る前の行動も重要です。
ストレッチや適度運動を行うことで、気持ちをリラックスさせて安眠に必要な副交感神経を優位にすることがポイントです。
寝る前の習慣として行いたいことは、ストレッチだけではありません。
注意したいポイントなども紹介します。

寝る前の簡単ストレッチ

特別な準備も必要なく、すぐに行うことができるストレッチから見て行きましょう。
まずは、握った手を膝で挟むだけのストレッチ方法です。
座った状態で、手は握りこぶしの状態にします。
両膝を曲げたら、握った手を膝の間に挟み、脚に力を入れて手を締めます。
10回程度、締めて緩めるという動作を繰り返すだけです。
次に、腹式呼吸を行うことによるリラックス方法です。
腹部に手を当てた状態で、1~4までの数字を頭の中でゆっくり数えて鼻から息を吸い、お腹を膨らませます。
続けて5~8までの数字をゆっくり数えて口から息を吐いて行きます。
立った状態で行っても良いですが、寝つけない時には寝たままの状態で目を瞑って行うことも有効です。

ペットと一緒にアニマルストレッチ

アニマルストレッチとは、ストレッチの要素に加えて自律神経を整える高い効果が期待できます。
ペットを利用する訳ではありませんが、視界に入る位置で行うという方法です。
通常、寝る前にストレッチを行うことでホルモンの分泌が起こり、副交感神経が優位になります。
さらにペットと行うことによって、癒し効果が生まれます。
副交感神経が優位になりやすい状態になり、通常のストレッチよりもリラックスした状態で入眠する効果が期待できます。

寝る前の読書方法

読書をすることが習慣となっている人も多いです。
勉強のための読書であっても、楽しむための読書であっても、寝る前の読書タイムはリラックスできる時間です。
しかし、方法を誤ると安眠の妨げになる場合もあります。
蛍光灯やLEDの中にも、光の種類があります。
その中でも青の光は脳を覚醒させるため、オレンジの光である電球色を使用しましょう。
電子書籍を読むという場合は、ブルーライトのカバーや眼鏡を利用することがおすすめです。

足湯をする

寝る前に入浴をすることは、安眠効果が期待できる方法として有名です。
しかし、入浴のタイミングは人それぞれです。
帰宅後、すぐに汗を流したい人やメイクを落としたい人など、寝る前に入浴するということが難しい場合もあります。
足湯であれば、手軽に行うことが可能です。
入浴は数時間前が有効であるとされていますが、足湯は就寝予定の10分前でも効果が期待できます。
リラックス効果や、体温を上昇させる効果も十分にあるため、寝る前の習慣として取り入れることがおすすめです。

手軽に行うことができる習慣

安眠のために行いたい習慣は、どれも手軽に行うことができるものばかりです。
ストレッチなどは、ベッドに入った後でも行得るため、寝つけない場合に最適です。
身体を温める、リラックスさせるということを意識して、寝る前の習慣を考えてみましょう。
義務化してしまうと、行わなかった日に眠れなくなる場合もあります。
あくまでも、安眠のための「習慣」であり「義務」にならないように注意が必要です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る