安眠を手に入れるための常夜灯の選び方

夜の照明はどうしてますか?

うっかり照明を点けたまま眠ってしまったら、夜中に起きてしまい熟睡できなかった。真っ暗な状態で眠るのがいいって言われているけど、光が見えない状態で眠るのは不安。眠りと睡眠には密接な関係があることをご存知でしょうか?

ストレスが溜まったり、疲労が溜まったりする日常を過ごしているからこそ、眠る時にはリラックスしたいですよね?そこでおすすめしたいのが寝室の照明に気を使うことです。眠りに適した灯りにすることで、リラックスした状態で朝まで安眠することができますよ。

この記事では良質な安眠を手にいれるための灯りについて紹介いたします。

眠る前に目に入れる光は気を付けましょう

あなたの寝室の照明はどんなものを使っていますか?

眠りにつく時、周囲がやんわり見えるくらいのほの暗い明るさがいいと言われています。眠る時に明るい照明が点いていると、ノンレム睡眠の時間が少なくなります。人はノンレム睡眠の時に成長ホルモンというホルモンが分泌され、疲労回復や代謝の上昇、脳の休憩が始まります。昼間に使った体力を回復するためにをノンレム睡眠は長く取った方がいいですよ。

なので灯りは強すぎない暖かい光が良いので、白熱灯などを使用しましょう。なるべく視線に光が入らないように間接照明や読書灯を利用することもおすすめです。

真っ暗な状態も光の刺激が全くないので、もちろん安眠には効果的です。しかし真っ暗な状態が不安に感じる人も多いと思います。これは光が見えない状態のため体の防衛本能が働き、交換神経が優位になってしまうことが原因のようです。

寝室の一部のカーテンを開けたまま眠るのもおすすめです。月の灯りが入り込み真っ暗な状態を回避できますし、朝陽の光で起きることができるので、体が正しい睡眠のサイクルで寝たり起きたりすることができます。光が入りやすい寝室なら、光の量を調節するために遮光カーテンを利用してみてはいかがでしょうか。

安眠のためリラックス空間をつくりましょう

安眠するために、リラックス効果のある色があります。茶色と緑色です。茶色には緊張を緩和したり、温もりを感じさせる効果があります。緑色には心の疲れを癒し、穏やかな気持ちになる鎮静作用があります。もし自分のお気に入りの色が赤など刺激の強い色であったとしても、寝室はリラックスができる色を中心に配置することをおすすめします。

眠る前はなるべく体に刺激を受けない環境をつくることが大切です。なのでなるべく聴く音楽なども静かなものを選んだ方がいいです。もし騒音や外の音が気になるようであれば、防音カーテンに変えてみて静かな環境をつくりましょう。人は眠っている時も外部からの些細な刺激には敏感に反応してしまい目が覚めてしまうので、極力刺激を受けない環境をつくりましょう。

そして最低でも眠る1時間前にはスマホやパソコンを見るのはやめましょう。スマホやパソコンの液晶画面で使われているブルーライトは強い力があり、覚醒効果があります。夜に見てしまうと脳が過度に刺激を受け朝だと勘違いをしてしまうので、寝付くのが難しくなってしまいます。

眠りにつく最適な環境をつくるためにも、寝室の灯りには気をつけてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る