パソコンの光から睡眠を守る方法

ずっとパソコンを触っていませんか?

面白い動画を夢中になって見ているうちに寝付けなくなってしまった。明日の会議のための資料を作っていたら目が冴えてしまって眠ることができない。パソコンを見ているうちに眠れなくなってしまった経験はありませんか?

現代では仕事でも私生活でもパソコンやスマートフォン、タブレットなどを長時間利用する機会が多いと思います。インターネットが発展してから驚くほど液晶画面を眺めている時間が長くなりましたよね。

しかしパソコンなどの液晶画面も、見る時間によっては睡眠の妨げになってしまいます。パソコンなどと上手く付き合っていくためにも、睡眠とパソコンの関係について知識を増やしませんか?

この記事ではパソコンなどから出ているブルーライトについて詳しく紹介いたします。

パソコンから出ているブルーライトに気をつけてください

私たちは普段長時間見ているスマホやパソコンに使用されているLEDディスプレイにはブルーライトが多く含まれています。実はこのブルーライトが睡眠にとって影響があるんです。

このブルーライトにはとても強いエネルギーを持っていて、目の角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到達します。そしてブルーライトには太陽の光に似た性質があり、覚醒効果があります。なので夜眠る前にブルーライトを見てしまうと夜なのに朝だと体が勘違いしてしまい目が冴えてしまいます。ブルーライトには強力な刺激があるので、眠る前の体を起こしてしまいます。

なのでスマートフォンやパソコンを触るのは、最低でも眠る1時間前には止めることをお勧めします。眠る前には視覚、聴覚などすべての感覚の刺激を抑え、静かな環境をつくることが寝つきを良くします。なので刺激の強いブルーライトはなるべく眠る前には見ないようにしましょう。

どうしても仕事などでパソコンを使用しなければいけない時は、ブルーライトカットの効果があるメガネを購入して利用することをおすすめします。

寝つきがよくなる方法を教えます

ブルーライトの効果からも分かるように、眠る時には灯りの照明なども視覚の刺激を減らすために気を遣ったほうがいいです。

眠って瞼を閉じている時でも、光は目の中に入ってきてしまいます。なのでなるべく眠っている時は灯りをすべて消すことをおすすめします。真っ暗な状態が不安な方は白熱灯など、暖かみのある色の照明を使用するのが効果的です。強い刺激を受けないために、灯りをつけるとしても間接照明や読書灯だけを点けているのがいいです。

逆にこの光の効果を利用して、目覚めを良くすることもできます。朝太陽の光を浴びると目覚めが良くなります。なので、朝太陽が寝室に差し込んでくることができるように、部屋のどこかの一部分でもいいのでカーテンを開けて眠ることが目覚めに効果的です。太陽の光にはセロトニンという感情が落ち着いたり幸福感を感じることのできる脳内物質の分泌を促す作用もあるので、気持ちの良い1日のスタートを切ることができますよ。

現代ではパソコンやスマートフォンはもう手放せないものになっています。だからこそそれらと上手く付き合い、健康的な睡眠生活を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る