安眠に効果的な入浴ノウハウ集

安眠のためにもお風呂の入り方に気をつけましょう

最近仕事が忙しくて湯船に浸かる時間もなくシャワーだけ。疲れたから今日はお風呂に入らず明日の朝入ろう。忙しさでついつい湯船に浸かることをやめていませんか?

もし今あなたが夜、安眠ができていないのなら、まず湯船に浸かることをおすすめします。なぜならお風呂は良質な安眠をサポートしてくれるからです。忙しい方は湯船に浸かる時間を確保するのは難しいかもしれませんが、もし湯船に浸かることで安眠を手に入れることができたら、疲労解消効果は抜群ですよ。

今回は安眠へと導く最適なお風呂の入り方を紹介いたします。

お風呂に入る時の最適な温度

深部体温という言葉はご存知でしょうか?

深部体温というのは、私たちが体温計で計る温度とは違う、体の中心部の温度のこと言います。大体37度くらいです。

人間は眠る時間が近づいてくるとだんだん深部体温の温度が下がっていき、逆に体の表面の温度、体温計で測定できる体温は上がって行きます。

なぜ深部体温が眠る時間に下がるかというと、昼間に働いて疲れている脳や体を休ませるためです。疲労回復のために深部体温は下がっています。

そして眠る前に湯船に浸かることは深部体温が下がっていく時のサポートになります。はじめお風呂に入ると深部体温は上がっていきますが、湯船から出ると徐々に下がっていきます。この下がるタイミングが深部体温のリズムと一致すれば、お風呂が良い安眠へと導くサポートになります。

なので夜眠る前にお風呂に入る時は、深部体温をあとで下げるためにもお風呂の温度は深部体温より少し高い温度が適切です。約40度前後がベストです。それより温度が下だと深部体温を上げる手助けにはならず、上だと交換神経を刺激し神経を刺激してしまうので気を付けてくださいね。

眠る30分前にはお風呂に入りましょう

さきほども説明した通り、夜眠る前に湯船に浸かるのは、深部体温が下がっていく時間帯に合わせた方が安眠へと近づけます。ではその時間帯とはいつなのか?

できれば眠る30分前には入浴を済ませているのがいいでしょう。眠る直前に入ってしまっては深部体温を下げるのに時間がかかってしまうので、30〜60分前に入浴を終わらせているのがベストです。

湯船には可能であれば10分以上浸かりましょう。深部体温を上げるにはそれくらいの時間が必要になります。それに入浴をするとリラックス効果や疲労回復といったメリットもあるので、疲れた体を癒すのには最適です。自分好みの入浴剤やバスソルトを見つけて使用するのも、お風呂の時間を楽しくする一つの方法なのでおすすめですよ。

毎日湯船に入る時間を確保するのが難しいのであれば、シャワーを浴びる時も足元を中心にお湯をあてるなど、体を温めることを意識してください。熱いお湯で温めすぎるのは厳禁ですが、適度に温めることができれば深部体温を下げる手助けになりますよ。

良い安眠を手に入れるためには、眠る前に体をリラックスさせることもとても大切です。1日の終わりに湯船に浸かり、その日の疲れを癒してからベッドに入ってみては?気付いたら朝になっていた、という熟睡が手に入りますよ。ぜひ試してみてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る