安眠に繋がる3つの習慣

十分な睡眠時間を確保し、熟睡をしたと考えていても疲れが取れないと感じている方は多いです。
また、昼間に眠気を覚える場合も、睡眠の質が低下している可能性が高いでしょう。
長時間睡眠を取ることが、良い睡眠であるとは限りません。
重要なことは、眠った時間よりも質です。
睡眠の質を向上させることは、疲れを取るだけではなく肌荒れ予防や代謝を上げることによる美容効果も期待できます。
睡眠の質を良くするストレッチや生活要素を取り入れることで、心も身体も安ませることができます。

脚の筋肉をほぐすストレッチ

まず、ベッドの上などであぐらをかきます。
足の裏を合わせて、両手で両足を掴み、背筋を伸ばした状態で前に倒しましょう。
背中を伸ばしたまま、1分程キープします。
これを3回繰り返し、股関節の筋肉をやわらげます。
足のむくみや冷えを改善し、血行促進効果が期待できます。
他にも、脚から腰にかけて筋肉をほぐすストレッチを行いましょう。
仰向けに寝たら、両足の膝を揃えて90度に曲げます。
上半身が動かないように意識をしながら、揃えた両膝を左右に倒します。
10回前後繰り返しましょう。

入浴タイムにも工夫を

気持ちも身体もリラックスできるストレッチ以外にも、生活を少し変化させることによって、質の良い睡眠を取ることに繋がります。
睡眠に関係する重要な生活要素の1つは、入浴です。
入浴では、自分に合うお湯の温度や時間を見極めることが重要です。
一般的に、寝つきの良さを目的とした場合、寝る予定時刻の3時間前までに入浴します。
入浴によって体温を上昇させることが重要であるため、シャワーだけではなく湯船に浸かり、身体を温める必要があります。
37度程度で30分、43度程度のお湯であれば5分程度で身体が温まります。
ただし、半身浴の場合は40度程度のお湯で30分前後が良いでしょう。
これらはあくまでも目安になるため、自分の体調や気分に合わせて入浴してください。
入浴でリラックス効果を期待するのであれば、入浴剤などを利用することもおすすめです。

生活リズムを整える方法

質の良い睡眠を取るためには、体内時計を整えることが非常に重要です。
決まった時間に就寝する、起床するということも大切ですが、体内時計を整えるためには食事もポイントになります。
朝、昼、夜と3食を規則正しく食べましょう。
また、夕食は可能な限り早い時間に設定し、アルコールやカフェインは就寝の3時間以上前に摂取を終えるようにします。
消化活動が終わった段階で、就寝出来るように調整をしましょう。

ストレッチと生活習慣で質の良い睡眠を

就寝前にストレッチを行うことで、血行促進と、副交感神経が優位になる効果が期待できます。
筋肉だけではなく心の緊張も和らげる効果があるということです。
そのため、寝つきが良くなり睡眠の質を向上させることにも繋がります。
身体に痛みを感じる様なストレッチ方法では、睡眠の質を上げる効果がありません。
ゆったりとした気持ちで、気持ちが良いと感じる様なストレッチを行ってください。
また、生活要素にも意識を向けることによって、より効率良く上質な睡眠を取ることに繋がります。
入浴や食事など、生活に欠かせない要素を見直してみることも重要でしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る