安眠に最適な飲み物とは?温かい牛乳の睡眠への3つの作用と飲み方

牛乳に含まれるトリプトファンとは

睡眠において重要な役割を担う体内の物質にセロトニンとメラトニンがありますが、これらはサプリメントや食事では補いづらいです。セロトニンが変化することでメラトニンが作られますが、牛乳に多く含まれているトリプトファンは摂取されるとセロトニンに変換されます。そのため、トリプトファン含有量が豊富な牛乳を飲むことで安眠しやすくなります。

カルシウムはストレス解消に効果あり

いらいらの原因がカルシウム不足と言われることがある通り、実際にカルシウムには心を落ち着かせて安眠を呼ぶ効果があります。牛乳にはトリプトファン以外にもカルシウムがたっぷり含まれているため、安眠を目指す飲み物としては牛乳が一番と言えます。

温かい牛乳を飲もう

安眠を期待して牛乳を飲む際には、温めたホットミルクが最適です。そもそも冷たい飲み物は胃腸を刺激してしまい、安眠前に体に余計な負担を与えてしまいます。適度に温めたホットミルクを飲むことで、牛乳自体の安眠作用のほかに体が温まって入眠しやすくなります。

カルシウムとマグネシウム

牛乳に含まれている安眠成分のカルシウムですが、血液中のカルシウム濃度が高まり過ぎると震えなどの症状が現れると警告されることがあります。通常の飲用ではこの症状が出ることは稀ですが、マグネシウムを摂っておくことで血中のカルシウム濃度のバランスを適切に保つことができます。
また、マグネシウムにはカルシウムの吸収効率を高める効果もあります。マグネシウム自体も牛乳には含まれていますが、アーモンドがより多くのマグネシウムを含んでいるため、安眠したい時間帯に合わせてアーモンドを食べるのもお勧めです。

日光と和食でビタミンDを補給!

安眠に誘導するカルシウムは、ビタミンDを補うことでよりうまく体に吸収されていきます。ビタミンDは日光を浴びることにより体内で生成され、また、魚に多く含まれているため夕飯を和食にすることで温かい牛乳の効果を高められます。

バナナを食べて牛乳の栄養バランスを補完!

牛乳にはトリプトファンやカルシウムが十分に含まれていますが、ビタミンや食物繊維という点ではやや栄養成分に欠ける面があります。ここで活躍するのがバナナで、丁度温かい牛乳に足りない栄養を補ってくれる役割を持っています。
また、腹持ちがいい良いバナナは安眠を妨げる空腹感を抑制し、夜食を食べることによって睡眠深度が浅くなることも避けることができます。

睡眠前にコーヒーを飲みたい方へ

コーヒーの飲用が習慣化している方にとって、寝る前のコーヒータイムは精神的にリラックスに繋がりますが、カフェインを多量に含むコーヒーは安眠を妨害してしまうこともあります。だからと言って無理にコーヒーを飲むのを止める必要はなく、温かい牛乳を加えることでカフェインの作用を弱めることができます。
コーヒーと牛乳を混ぜるという方法の他、いつものコーヒーの量を半分にして、足りない分は牛乳を別途飲むなどの工夫をしてみましょう。

牛乳に甘さが欲しい場合

温かい牛乳に安眠作用があるのは理解できるものの、牛乳を単体で飲むのは苦手という方もいます。牛乳が苦手な方は、安眠に最適な栄養成分を多く含むはちみつを牛乳に加えて甘さを足してみましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る