安眠に効果的な3つの方法

安眠は、気持ちも身体もリセットさせるために重要なポイントです。
1日の終わりに気持ち良く寝つくことは大切ですが、翌朝すっきりと目覚めるためにも大切なことです。
質の良い睡眠を取るために必要なポイントを紹介します。

リラックスした環境作り

就寝前まで、仕事などの作業を行っている場合、自律神経のうち交感神経が優位な状態となります。
そのため、興奮状態になり寝つきが悪くなります。
また、仕事が忙しい場合など、夕食が遅くなり食べてすぐに就寝するケースもあるでしょう。
安眠するためには、体内で消化活動が完了している状態が理想的です。
目覚めてから胃もたれや、身体の疲れが残っているという状態になります。
就寝前に夕食を取る場合には、消化の良い食材を少しだけ食べるようにしましょう。
消化活動が早く終わり、身体もリラックスした状態で深い眠りにつくことができます。
忙しい場合はシャワーで済ませてしまう入浴タイムは、5分程度でも湯船に浸かり、身体を温めることが効果的です。

温めた飲み物でスムーズな入眠を目指す

温めた飲み物は、胃や腸といった内側から体温を上げます。
体温が下がると自然と眠気を覚えるため、スムーズな就寝に効果が期待できます。
また、安眠を得るためには刺激のないノンカフェインの飲み物を飲みましょう。
白湯や生姜湯などは、身体の中から温める効果が高いです。
生姜湯は多く市販されているものの、砂糖を含む商品が多いため、粉末タイプのものを使用することがおすすめです。
カモミールティーなどもおすすめです。
ヨーロッパでは不眠症の治療にも用いられているといわれ、気持ちをリラックスさせる効果が期待できます。
さらに、カモミールティーの湯気は鼻詰まりなどのアレルギー症状や風邪の症状にも効果が期待できるため、口呼吸を予防します。

音楽や光を使った安眠効果

安眠のためには、副交感神経を優位にすることが重要です。
交感神経が優位になると、脳が起きてしまい眠りにつくことができません。
リラックス効果が期待できる音楽なども多数配信されています。
特に、水のせせらぎや波の音、クラシックなどはリラックス効果が高いといわれています。
リラックス効果の期待できる音楽については、目覚ましアプリなども多く見られます。
眠りの深さを感知し、目覚めの良い時間にアラームを鳴らすといった高性能なアプリも人気です。
また、安眠には適した光を利用することも重要です。
真っ暗では寝ることができないという場合は、オレンジなど優しい色の間接照明などを用いることがおすすめです。
目覚めた際には、すぐに太陽の光を浴びることで脳が覚醒します。
その日の夜、安眠することにも繋がるため、朝の行動は非常に重要です。

安眠に重要な点はリラックスすること

3つの方法は、すべて身体と心をリラックスさせるための方法であるともいえます。
入眠から目覚めるまでの間、安眠するためには、脳をリラックスさせることが先決です。
その方法は、まず身体をリラックスさせ、音や光を利用して脳の働きへアプローチをするという方法でした。
スマートフォンやパソコンを眺める事は止めましょう。
どの方法も簡単に試すことができるため、安眠を目指す場合には参考にしてください。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る