安眠に良い飲み物と良くない飲み物

眠る前って何を飲むのがいいの?

久しぶりの同窓会、思わずはしゃいでビールを呑みすぎてしまい、夜になったら心臓がドキドキして眠れない。徹夜続きで昼間眠らないためにもコーヒーを何杯も飲んでいたら、眠いはずなのに夜眠れない。こんな辛い夜を経験したことはありませんか?

私たちの体は私たちが取り入れた食べ物や飲み物でできています。なので良質な睡眠を手に入れるためにも、まずは睡眠に効果的な飲み物を取り入れることから始めてみませんか?夜眠る前に一杯飲んでみることを心がけるだけでも、良い睡眠に近づく第一歩になりますよ。

安眠するうえで効果的な飲み物

トリプトファンという成分をご存知でしょうか?人が眠る時に重要な「セロトニン」という物質をつくる原料となる成分です。

セロトニンが十分に分泌されていると心の情緒が安定し、ストレスが溜まりづらくなります。落ち込んだりうつ状態になるのも防止できます。安定した睡眠をつくる物質でもあなのでセロトニンをつくることができるトリプトファンを飲み物から取り入れるのは、安定した睡眠にもとても効果的です。

乳製品、大豆製品には多くトリプトファンが含まれています。なので、「牛乳」や「豆乳」を眠る前に飲むのはおすすめです。注意してほしいのが、冷たいまま飲んでしまうと体が冷えてしまい眠りづらくなってしまうと思うので、温めてゆっくりと飲むのが効果的です。眠る前に適度に体温を上げていると、眠る時に下がる深部体温が下がりやすくなるので、寝つきが良くなります。

ホットミルクには気持ちを落ち着ける鎮静作用もあるので、心を落ち着かせたい時にもおすすめです。

他にもリラックス効果のあるカモミールやラベンダーといったハーブティーもおすすめです。

眠る前にこんな物は飲まないほうがいいです

体を睡眠へと促す飲み物もあれば、睡眠を妨げる飲み物をあるので紹介いたします。

まず注意してほしいのは、カフェインを含んでいる飲み物です。代表的なものとして「コーヒー」や「紅茶」があります。その他にも注意して飲んでほしいのが「栄養ドリンク」や「コーラ」「抹茶」です。

1日に250mg以上のカフェインを摂ってしまうと夜中に目が覚める回数が増えてしまうので、飲み物の成分表をよく見て、1日のカフェインの摂取量には注意しましょう。

最近はカフェなどでもノンカフェインコーヒーがメニューにあるので、ノンカフェインの飲み物を上手に摂り入れてくださいね。

また眠る前にアルコールを習慣的に呑む人も多いかと思います。実は、眠る前のアルコールはあまりおすすめできません。

確かにアルコールは高くなった体温を一気に下げる作用があるので、寝つきが良くなることがあります。ただし、アルコールを呑んでから3時間ほどすると「アルデヒド」という成分に変わり、交換神経を刺激してしまいます。交換神経は本来起きている時に活発に働く神経なので、眠っている時に交換神経が働いてしまうと睡眠の質が悪くなり、熟睡できなくなってしまいます。

付き合いで呑み会に行く機会が多い方も、自宅に帰ってきて疲れているかとは思いますが、シャワーを浴びることをおすすめします。アルコールの代謝が良くなるので、少しだけでもアルコールによる睡眠の質の低下を妨げられます。

眠る前の飲み物には気を遣って、ぜひ快適な睡眠を手に入れられるよう心がけてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る