安眠に効果的なスープの食材4つを教えます

眠る前にお腹が減っていませんか?

早めに夕食を終わらせたのはいいけれど、ベッドに入ったらお腹が減ってしまい眠ることができない。眠る直前に辛い物を食べてしまったら体が熱くなって眠れなくなってしまった。こんな経験はありませんか?

眠る時に胃袋に食べ物が残っていると胃は寝ている間も消化活動をしてしまいます。すると体の体温が上がってしまい熟睡することができません。なのでもしあなたが眠る前にお腹が減ってしまった場合、お腹に溜まりすぎないスープなどを飲んで小腹を満たすことをおすすめします。

この記事では睡眠に効果的なスープの食材などを詳しく紹介します。

睡眠に効果的なスープの食材4つ

良質な睡眠を促すスープの食材を4つ紹介します。

とうもろこし

とうもろこしにはメラトニンという、別名睡眠ホルモンと言われている物質が含まれています。夜眠る前にこのメラトニンの分泌が活発になることで体の内部の深部体温が下がり、私たちの体は眠る準備をはじめます。なのでそのメラトニンが含まれているとうもろこしは睡眠に効果的な食材です。

コーンスープだったり、野菜スープにコーンを足して食べるのが手軽でおすすめです。

ホウレンソウ

ホウレンソウからは葉酸という栄養を摂取することができます。この葉酸には高血圧や動脈硬化の予防、また女性の生理前の不調を和らげる効果があります。体の細胞の再生を促す効果もあるので、細胞の分裂、増殖の役にも立つ栄養です。

火の通りやすい野菜なのですぐにスープにすることができますよ。

しじみやアサリなどの貝類

しじみやアサリには、さきほど説明した睡眠ホルモンといわれるメラトニンの分泌を調整するビタミン12が多く含まれています。またビタミン12には気持ちが落ち着く効果や睡眠のリズムを安定させる働きもあります。神経が細かくなって自分がピリピリしているな、と感じたらしじみやアサリを食事に摂り入れてみては?

昆布やひじきなどの海藻類

昆布やひじきにはマグネシウムが多く含まれています。マグネシウムには心臓のリズムを調節し、血圧のコントロールの手助けになる効果があります。

そして深くリフレッシュすることのできる睡眠のために、マグネシウムは欠かせません。不眠症や睡眠不足の原因の1つとしてマグネシウム不足があげられるほどです。マグネシウムには、睡眠の覚醒を促すコルチゾールというストレスホルモンの量を効果的に低下させる働きがあるからです。

眠る前に作れる簡単なスープの作り方

誰でも短時間でつくれるスープとしておすすめなのは、「コンソメスープ」です。コンソメスープは様々な食材と相性が良く、食材を選ばない応用力の高いスープです。

コンソメスープをつくるにあたって、最低限必要な調味料はコンソメ、塩、胡椒です。まず好きな野菜や具材を切ります。鍋に水を入れたあと、調味料と一緒に煮込むだけでコンソメスープは完成します。とても簡単ですよね。お好みに合わせて醤油なども足してみてくださいね。

眠る前の空腹を満たすのに最適ですし、スープの温かさで体も暖まります。空腹になったその都度スープをつくるのが面倒な人はつくり置きをしておくのもおすすめです。

美味しいスープをつくって良質な安眠を手に入れてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る