眠る前の一杯の牛乳で安眠を手に入れるコツ

最近安眠できていますか?

眠る前に寝つきを良くするためにアルコールを飲んでいるけれど、夜の途中に起きてしまって熟睡することができない。ついついスマホのゲームに夢中になってしまい、気づいたら深夜2時になっていた。あなたはなかなか安眠ができない日常を過ごしていませんか?

私たちが何気なく選んでいる行動は日々の習慣となり、少しずつ積み重なっていきます。安眠に良くない習慣を繰り返してしまうと、疲労がすっきり取れなかったり、ストレスを解消する機械をなくしてしまったりします。

そこで生活に簡単に取り入れることができる、安眠にプラスな習慣づくりとしておすすめしたいのが、毎日牛乳を飲むことです。牛乳には安眠を助ける成分がたくさん入っています。

この記事では生活に取り入れやすい、牛乳と安眠の関係を紹介いたします。

牛乳は安眠に効果的な飲み物です

牛乳には安眠に効果的な成分がいくつか入っています。

まず牛乳には「トリプトファン」という成分が入っています。トリプトファンは必須アミノ酸のうちの一つで、体の中だけでは生成することのできないアミノ酸になります。このトリプトファンはセロトニンという脳内物質の原料になります。そしてこのセロトニンが活動している昼間に十分分泌されることによって、夜分泌される、別名「睡眠ホルモン」と呼ばれるメラトニンの分泌も活発になり、眠りにつく準備が整いやすくなります。

さらに牛乳にはストレスによるイライラを鎮めるカルシウムも多く含まれています。ストレスが積み重なってイライラしていると寝つきも悪くなってしまいますよね?カルシウムにはそれを抑える効果があるので安眠にも効果的です。リラックスしたコンディションをつくることができますよ。

朝に1日一杯牛乳を飲むのもいいのですが、夜眠る前にホットミルクを飲むのを安眠には効果的です。適度に温かい飲み物は夜メラトニンの分泌によって始まる眠りの準備のサポートになります。冷え性の方は体の末端の冷えのせいで、眠るのに時間がかかる方も多いかと多いと思います。ホットミルクで体を温めるのはいかがでしょうか?

安眠のために牛乳と一緒にこれを取り入れてみては?

牛乳と一緒に安眠に効果的な食品を組み合わせて、さらに効果を高めませんか?

安眠に効果的な食品としてまずおすすめしたいのがバナナです。バナナにもトリプトファンが多く含まれており、また神経の興奮を抑えるマグネシウムも入っています。このマグネシウムは牛乳に入っているカルシウムと一緒にとることで、イライラを抑えるのにより効果的になります。朝ごはんにバナナと牛乳をとってみたり、ミキサーが自宅にある方はバナナシェイクをつくってみるのはいかがでしょうか?

はちみつも牛乳と組み合わせるのにおすすめの食品です。はちみつにもトリプトファンが含まれており、さらにはちみつには成長ホルモンの働きを活発にする効果があるため、夜眠る前に摂るとダイエットにも効果があります。なので夜眠る前にホットミルクを飲むときに、はちみつを足すことがおすすめです。

1日一杯から牛乳を飲む習慣をつくり、安眠に近づくよう一歩進んでみるのはいかがでしょうか?

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る