安眠には最適な食事がある!快適に眠るための夕食の取り方5選

夕食によって起こる体の現象

一日の中でメインの食事となることが多い夕食は、食べた後に胃の活動力が高まり、体温が上昇します。胃に血液が集中することと、日中の疲れの影響が重なって眠気が強く出ることもあり、食後にそのまま眠ってしまう人も多いです。
夕食の栄養成分において炭水化物、すなわち糖質が多く含まれている場合、血糖値の関係で眠気が出やすくなることがあります。また、夕食で取り入れられた栄養は安眠時の体の回復にも使われます。

安眠の仕組みと夕食の関係

体温が下降するときに睡眠欲は一気に高まり、快適に安眠する事ができますが、夕食を食べることは消化活動を活発化させるため、体温を上げる作用があります。そのため、タイミングの悪い夕食は安眠を妨げ、たとえ強い眠気で睡眠することができても、眠りは浅いままということがほとんどです。
夕食はタイミングに加え、メニューの内容についても合わせて検討することで、安眠への影響を最小限に留められます。

夕食のベストなタイミングとは

安眠を確保するために簡単にできる夕食の工夫は、食べる時間帯を睡眠の3時間以上前に設定しておくことです。特に2時間前など睡眠の直前に夕食を取ってしまうと、消化が不十分なまま寝付くことになってしまい、結果的に質の悪い眠りになります。
ただ、夕食を早く食べ過ぎると就寝前に空腹が起こり、夜食を食べてしまう可能性も高いため、安眠のためには6~3時間前を目安に夕食のタイミングを調整しましょう。

脂っこい食べ物は安眠を妨げる

肉類に含まれる脂質は消化に非常に時間がかかるものの一つで、夕食にステーキなどの多くの肉を食べると安眠の可能性が低くなります。だからといって夕食の楽しみを我慢するのではなく、消化の良い野菜を食べたり、ごはんやパンなど他のメニューの量を少し減らしたりすることで、食事を楽しみながら安眠も期待できます。

夕食の動物性タンパク質にも注意

脂質と関連する物質にタンパク質があり、夕食においてタンパク質を多く摂取すると消化が鈍る可能性があります。ここでのタンパク質は動物性タンパク質のことで、肉類に脂質とともに含まれているため、先に説明したように安眠を意識するなら肉類を夕食に取り入れる際には他のメニューに工夫が必要です。

ハーブティーを夕食に取り入れて安眠!

日本では夕食に重点を置くことが多いため、夕食のメニューは豊富になることが多く、消化という面では睡眠にとって好ましくありません。しかし、同時に夕食は家族や友達など、コミュニケーションの場の一つでもあるため、無理に避けたり少量しか食べたりしないことはストレスを引き起こします。
そこで、夕食や食後に消化に良いカモミールなどのハーブティーを加えることで胃の働きを鎮静し、気持ちもリラックスして安眠しやすくなります。

安眠の為にはまずは自分でできることから!

安眠を助けるサプリメントが多く発売されており、サプリの力は睡眠に悩む方にとって安心できるものです。ただし、サプリメントは経済的な負担もありますし、食事などの習慣がある程度しっかりしていることを基礎としているものです。
まずは上に挙げてきたような自分でできる夕食の工夫を行い、安眠を目指すことが後々の睡眠習慣にも良い影響を与えます。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る