気づいて欲しい睡眠不足のサインとその対処法

安眠は生活の基盤です

最近なかなか寝付くことができなくて、疲れが取れない。仕事が忙しくて生活サイクルが狂ってしまい夜になっても眠くならない。こんな安眠できない日々を過ごして悩んでいませんか?

安眠は私たちの生活の基盤になります。夜にぐっすり安眠ができないと疲れが取れなかったり、ずっと体にストレスに溜まったりしてしまいます。かといって忙しくて長時間睡眠時間を確保するのが難しい方も今は多いですよね。

そんなあなたの生活が少しでも楽になるように、この記事では睡眠不足のサインと安眠できるコツを紹介いたします。

誰かの言葉が気になったり忘れ物が増えていたら

しっかり準備したはずなのに、忘れ物を頻繁にしてしまう時はありませんか?また何かを取りに来たはずなのに、何を取りに来たのかその場所に行ったら忘れてしまった経験はありませんか?

些細な人の言葉がストレスになったり、気にかかったりしてしまう日はありませんか?

実はこれらはすべて睡眠不足が原因で起きている可能性が非常に高いんです。忘れ物が増えてしまう時は、注意という機能が低下しているんです。睡眠不足によって脳の覚醒が低下しており色々なところに注意が移動してしまい忘れ物が増えてしまうんです。

些細な言葉がいつもより過剰に気になってしまうのは、睡眠不足の証拠です。睡眠不足のため脳の覚醒が低下していると、脳はいつもより周りを警戒し注意力が上がります。自分の能力が低下している状態でも、周りの危険にすぐ察知できるようにするためですね。なので些細な言葉が気になってしまうんです。

他にも飴を噛むようになったり、机の上を片付けることができなくなったりしたらそれは睡眠不足のサインである可能性があります。自分の行動が普段と違っているな、と感じたら最近の自分の睡眠がどのようなものだったか思い出してみてくださいね。

リズムのある運動をして安眠を呼び込みましょう

安眠を手に入れるためにおすすめしたいものがあります。それはリズムを伴った運動です。

セロトニンという脳内物質はご存知でしょうか?

セロトニンは幸福感や気持ちの落ち着きを促してくれる脳内物質です。そしてセロトニンの分泌に関わる脳の部位の周辺には「歩行」などの反復運動を司る中枢があります。なのでリズムのある運動をすると幸福感を出してくれるセロトニンの分泌が活発になり、さらに睡眠不足解消にもつながります。

昼間にセロトニンが分泌されることによって夜眠りに入る準備がスムーズになります。夜分泌されるようになる別名睡眠ホルモンとも言われているメラトニンの生成の材料にセロトニンはなるからです。メラトニンが十分に生成されることによって、寝つきが良くなり安眠ができるようにもなります。

リズム運動でおすすめしたいのはウォーキング、ジョギング、スクワット運動などです。運動する時間を確保するのが難しい日は、食事の時に食べ物を良く噛むようにしましょう。噛むのも一つのリズム運動です。

朝に陽の光を浴びながらウォーキングをするのがベストです。太陽の光はセロトニンの分泌を促す働きがあります。リラックスした気持ちで夜を迎えるためにもぜひリズム運動を取り入れてみてくださいね。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る