安眠効果が期待できる?!お勧め5選を紹介!

今では5人に1人は睡眠に対して悩みを持っていると言われています。眠れるように睡眠薬を使用したり、アルコールを飲んで寝付いたりしている人も多いのではないでしょうか?そこで安眠できるコツを5個紹介していきたいと思います。是非、実践してみてください。

安眠するために必要な事は?

安眠に近づくために大事なのは睡眠前に刺激やストレスを無くし、リラックス状態にすることです。睡眠前に脳へ刺激を与えてしまうと交感神経系が活性化してしまい快適な入眠を妨げてしまうと言われています。そのため、安眠への近道は刺激やストレスを出来るだけ軽減することが必要だとされています。

熟睡と安眠の違い

安眠の意味を知っていますか?熟睡と安眠は同じだと思っている人は多いのではないでしょうか?似ている熟睡と安眠ですが、少しだけニュアンスが違っています。

・熟睡
ぐっすりと深く眠ること

・安眠
ぐっすりと気持ちよく眠ること

このように少しニュアンスの違う睡眠になっています。どちらもぐっすりと眠りますが安眠の方が気持ちよく、安らかに眠れるという癒しの効果も感じられる表現になります。

安眠効果が期待できる5選!

安眠したい人は注目です。是非、実践してほしい安眠効果が期待できる方法を5選紹介していきます。

・食事
食事の時間には注意が必要です。食後にすぐ眠ろうとしても胃や腸などの消化器官が食べ物を消化しているため眠りが浅くなる可能性があります。また、睡眠ホルモンと言われているメラトニンはトリプトファンという必須アミノ酸が原料となっています。たんぱく質に含まれる物質で牛乳やチーズ、納豆や豆腐、白米や肉類などに多く含まれていますので毎日の食卓にで意識することでメラトニン不足を補うことが出来ます。

・お風呂
お風呂に入るとグッスリ眠れると感じたことはありませんか?これには、ちゃんとした理由があって人間が眠りにつく前には体の深部体温が下がり始めます。深部体温とは私たちが測る体温とは違い、体の中心部の温度のことを指しています。昼間働き疲れて脳や臓器がパンクしないように温度を下げて疲労を回復する働きがあります。そして、この深部体温のリズムを変化させるのが入浴になります。お風呂に入ると深部体温は上昇しますが、その後の湯冷めでだんだんと下がっていき深部体温の変化をスムーズにするため寝つきが良くなります。

・光
眠りに必要とされるメラトニンという物質は光を浴びることによって分泌が抑えられてしまいます。そうすると脳が興奮してしまい寝つきが悪くなり眠りも浅くなってしまいます。そのため、眠る2~3時間前には間接照明などの柔らかい光の中で過ごしましょう。もちろんパソコンや携帯の光も安眠を妨げる原因の1つになりますので注意しましょう。

・カフェインやアルコール
お茶やコーヒーに含まれているカフェインですが、このカフェインの作用には覚醒効果があると言われています。そして摂取後5~7時間効果が持続するとも言われていますので出来れば夕方以降は控えた方が良いかもしれません。また、アルコールで眠気を誘い眠る人も多いと思いますが実は逆効果の時もあります。それは飲み過ぎるとかえって眠りの質が悪くなり、気絶したように眠ってしまうことになります。また、習慣的に飲酒して飲み過ぎてしまうとアルコール依存症に陥る可能性も高くなりますので注意してください。

・寝だめしない
平日働いて、思う存分眠れないから休みの日は昼まで寝よう!と寝だめしている人はいませんか?実はこれも良くありません。私たち人間は体内時計で生活しています。1日を25時間というサイクルになっていますが1時間のズレは起床する朝にリセットされますのでズレは生じない作りになっています。しかし休日にお昼まで寝る事で朝の光を浴びれずにリセットされないことで体内時計が狂ってしまうといった結果に繋がります。そのため不眠症になってしまう可能性がありますので長めに睡眠を取りたいならば普段の睡眠時間の2時間程度までが良いとされています。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る