子供の睡眠障害の原因と対策

suimin

子供の睡眠障害

子供にも睡眠障害があるのを知っていますか?子供は良く寝て良く食べて、良く遊んでと言われていますが、ぐっすり眠れない子供が最近増えているのです。子供にとって睡眠は、成長発達をする上で大切です。寝ている間に背が徐々に伸びていたりホルモンを整えたり成長しているからです。大人も夜寝なければお肌に悪かったり体調が悪くなるのと似たような物です。ですが、大人は成長は大体終わっているのでそれ以上背が伸びたりすることはありません。子供の場合は成長していく段階なので睡眠が特に大切になります。
なぜ、今睡眠障害になる子供が出てきているのでしょうか。それは、次のようなことが言えます。
・大人と同じ生活をしている
・テレビやゲームをしている
・ご飯を食べる時間が遅い
この3つが特に言えるのではないでしょうか。

ぐっすり寝るためには

では、ぐっすり眠るためにはどのようにしたらいいのでしょうか。見ていきます。
先ほど睡眠障害になる理由をあげました。そこを主に変えるといいです。詳しく見ていきます。・大人と同じ生活をしている子供が大人と同じように生活している可能性があります。親が寝る時間を厳しく言っていない、起きたい時間まで起こしていたり、夜遅くまで子供も連れて遊びに行ったりしているからです。親はいいかもしれませんが、子供の成長が遅れたり、大きくなってからの生活態度にも関係してくる可能性があります。
・テレビやゲームをしている日中、時間を決めてゲームをするのはいいですが、夜の寝る前にテレビを見たりゲームをしてしまうと興奮して目が覚めてしまいます。寝る前には本を読んだり、ゆっくり出来る時間を作りましょう。寝る前に、家族と話をする時間を作るのもいいかもしれません。親もテレビを消してゆっくりと子供の話を聞いてあげる時間を作ることでスキンシップを計ることが出来ます。
・ご飯を食べる時間が遅い核家族が増えており、共働きが多い現代では、子供が親が帰るまでご飯が食べられない事や塾など習い事をしており食事を食べる時間が遅くなってしまうと言うことが増えてきています。子供が作れる年齢であれば良いですが、自分では作られないこともあります。親しかいない時には仕方がないですが、遅くなるようであれば祖父母の協力を得ることも1つの手です。
この他にも寝るためにした方がいい事があるかもしれません。毎日の子供の生活を振り返っていけないことは直すようにしましょう。

最後に

子供は、早寝早起きをさせることが大切です。入眠時間が遅い子供は、最初はなかなか早く寝付けないこともあると思います。ですが、習慣づくと早く寝て早く起きられるようになります。生活習慣を見直しましょう。まだ、これから直しても間に合います。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る