夜食を食べて安眠するための2つのコツ

夜中、突然空腹を覚えてしまうことがあります。
その様な場合に食べたいのは夜食です。
しかし、肥満に繋がるというイメージもあり、健康にも良い行為ではないと考える方も多いでしょう。
強い空腹を感じている場合、空腹によって眠れず睡眠不足になってしまう場合もあります。
寝つけないほどの空腹であれば、夜食の種類を選んで食べましょう。

無理に我慢をすると安眠を妨げる

空腹を感じている場合、多くの人がイライラします。
イライラした状態では交感神経が優位になり、脳が活性化されてしまいます。
就寝する事はできない状態となるため、無理をせず夜食を食べてしまう事が安眠に繋がるでしょう。
しかし、夜食は通常の食事とは異なり、何を食べても良い訳ではありません。
夜遅い時間であるため、手軽に食べられるインスタント食品などを食べてしまいます。
しかし、高カロリーな上に消化に悪いインスタント食品は避けた方が良いでしょう。

夜食を選ぶ際のポイント

睡眠時間は、脳、筋肉、胃腸など内臓の休息時間です。
胃腸を活発に動かさなければならない脂ものや、塩分の高いもの、大量の食事を摂る事はおすすめできません。
他にも、食物繊維が多いと腸の動きが活発になります。
夜食は、ある程度空腹を満たし、安眠に繋げるために食べるものであると考えておきましょう。
身体を動かしてエネルギー消費を行わないため、就寝時は脂肪が蓄積されやすくなります。
夜食は、量を少なくするという点だけではなく、カロリーも抑えましょう。
少ない量で満足感を得るのであれば、温かい食べ物をゆっくりと食べることがポイントです。
就寝前に冷たい食べ物を食べてしまうと、身体が冷えるため安眠を妨げる可能性があります。

安眠にも繋がる夜食

夜食として食べるのであれば、どの様なメニューが良いのでしょうか。
いくつか紹介するため、夜食が食べたくなった時には参考にしてください。

まずは味噌汁です。
温かく、満腹感を得ることもできるでしょう。
具は豆腐がおすすめですが、キャベツなど比較的消化に良く噛んで食べる食材もおすすめです。
お茶漬けやお粥、うどんも良いでしょう。
しかし、量を調整しながら食べなければ食べすぎてしまう可能性もあるメニューです。
少ない量にするという点を意識しながら作りましょう。
また、フルーツは健康にも良くおすすめです。
糖が含まれるため、食べすぎないように注意をしなければカロリーを摂取する事になります。
特にバナナやリンゴがおすすめです。
フルーツは消化に良いだけではなく、食感を楽しみながら食べることで満足感・満腹感を得ることに繋がります。

安眠のために夜食は我慢せずに食べる

毎日夜食を食べる事はおすすめできませんが、空腹を我慢できない時には思い切って食べた方が良いという場合もあります。
寝つけないほどであれば、満足感を得られるメニューを少量食べて胃と脳を落ち着かせましょう。
空腹では寝つけず、イライラした状態で入眠してしまうと、質の良い睡眠を取る事はできなくなります。
夜食用に、消化に良いものをストックしておく事がおすすめです。
コンビニに足を運び、高カロリーなインスタント食品などを購入するといった事もなくなるでしょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る