夏の睡眠に欠かせない適温とは?!効果やポイントを紹介!

質の良い睡眠を取るために欠かせないものの1つに室内の温度や湿度があります。
特に夏の暑い日は寝苦しくて体もベタベタして何度も目が覚めたりして寝不足になってしまうことはありませんか?
そんな不快な思いをしないために最適な適温を知り、質の良い睡眠を得ましょう。

睡眠に隠された効果

毎日の生活の中で欠かせない睡眠ですが、どうして人間は睡眠が大切なのでしょうか?
そして現代では睡眠時間が年々減少傾向にあると言われていますが、その背景には仕事などで忙しく睡眠時間を削らなければいけないといった理由があります。睡眠時間が少ないがために引き起こされる交通事故も毎日のようにニュースでやっています。
では、睡眠による効果を見ていきましょう。

睡眠による5つの大事な効果

・脳と体の疲れを取る
人は脳を常に働かせてたくさんのエネルギーを消化しています。その脳を休めなければ体の疲れも取れないとされており、体の疲れを取る数倍も脳の疲れを取るためには睡眠が必要だとされています。

・体の成長や老化防止
睡眠中に分泌される成長ホルモン。その成長ホルモンはノンレム睡眠時に多く分泌されると言われています。そのため、成長期などでは精神面や体の成長を存分に促すためにも睡眠がとても大切になってきます。
この成長ホルモンは子どもだけではなく大人にも必要不可欠になっています。その理由は古くなった角質や体の組織の修復、再生、脂肪を燃焼させる働きがあるので睡眠によって若さを維持したり、老化防止にも繋がっています。

・ストレス軽減
現代はストレス社会とも言われているほど、ストレスを抱えている人が多いです。ストレスを感じていると脳も緊張していて疲れている状態になっています。睡眠は疲れた脳を休ませる働きがあるのでストレスの軽減にも役立つのです。
また、ストレスが溜まりすぎると精神疾患や不眠症などを発症させる可能性が非常に高くなりますので睡眠は必要不可欠です。

・記憶力や学習面で効果
人間は寝ている間に、その日の出来事や学習したことを整理して記憶すると言われています。そしてそれは睡眠時間が3時間以上ではないと効果を出すことがされないと言われているのでテスト前などに一夜漬けをしたとしても記憶も整理されず、寝不足で頭がボーッとしてしまい反対にいつもよりも自分の力を発揮できないとされています。

・病気予防
睡眠時に分泌される成長ホルモンで新しい血液を作ったり、代謝を促したり、心臓も休ませることができるので様々な病気の予防に繋がります。

夏の睡眠に欠かせない快適ポイント4つ

特に寝苦しくなる夏ですが、睡眠の効果を得るためにも欠かせない快眠ポイントがあります。温度や湿度、寝具など工夫をする事が大切になってきますのでポイントを是非、ご覧ください。

・室温や湿度について
夏の快適な睡眠に適している室温は26℃、湿度は60%と言われています。そのためエアコンや扇風機など使用して快適な適温にしたり、電気代や寝冷えなどを気にする場合はパジャマやシーツなどを工夫してみるのも良いかもしれません。

・お風呂について
外の気温と室内の温度の差によって思っている以上に夏の体は体温調節機能が低下しています。そのため、寝ているときに上手く放熱が出来なくなり眠りが浅くなってしまうことも。
お風呂に入り体を温めることで体温の上昇を抑えて熱を外へ出そうとする為、入浴後は涼しくなり体温も低下するので寝つきが良くなります。

・日中の部屋の環境
日中、部屋に熱がこもってしまうと部屋の室温も高くなり、眠るまでに最適な室温にならない可能性が高いです。そのため、遮光カーテンなどを利用し太陽の光を遮断しましょう。

・寝具について
寝具が暑いと寝苦しくなってしまい、寝冷えの原因にも繋がります。シーツも夏仕様の物に変えたり、お腹を冷やさない工夫をしましょう。足が火照ってしまうと寝付きにくくなりますので寝ているときは足を出して寝るのも効果的です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る