夏の安眠に欠かせないエアコン正しい利用方法3選

毎年の様に猛暑となる日本の夏ですが、暑さと寝苦しさを感じ、早い段階でエアコンを使用する方もいるはずです。
しかし、極端に温度を下げたエアコンの使用によって、安眠を妨害してしまっている可能性があります。
安眠を妨げている事に気付かず、不眠症になってしまう可能性もあるでしょう。
安眠とエアコンの関係について紹介します。

安眠を妨げるだけではなく自律神経の乱れに繋がる

睡眠時にも低い温度設定でエアコンを利用する事によって、自律神経が乱れる場合があります。
これは、外の暑い気温とエアコンの効いた室内の温度差が大きいことで起こる症状です。
温度変化に対して身体が対応できず、自律神経が乱れてしまいます。
有名な夏バテという状態も、自律神経が乱れることによって起こる症状です。
日頃からスポーツや適度な運動を行っている方は、様々な温度変化に慣れている状態です。
そのため、エアコンの利用などで自律神経が乱れにくいことが特徴です。
しかし、運動不足の方は睡眠時のエアコンに注意しましょう。
自律神経が乱れることによって、不眠だけではなく体のだるさや偏頭痛、肩こりにも繋がります。
エアコンの温度は、外の気温と可能な限り差がない様に設定し、除湿などで室内の環境を調整しましょう。

夏場の正しいエアコン使用方法

夏は、エアコンを使用しなければ安眠できないほど猛暑の日もあります。
実は、エアコンの温度設定を行っていても、部屋全体が設定温度になる訳ではありません。
部屋の一部に冷気が当たっているなど、場所によって温度が異なる場合もあります。
最も重要な点は、温度設定よりも自分にとって快適な温度になっているかどうかです。
就寝時にエアコンをつけたままにしていると、気付かない間に身体が冷えている事もあります。
手足が冷えている様であれば、部屋の温度が低すぎるということです。
エアコンのタイマー機能などで、エアコンが切れる設定にしておく事も有効です。
しかし、寝苦しくなり起きてしまうといった形で安眠を妨げてしまう可能性もあります。
快適だと感じる温度設定を見極めて、エアコンを付けたままで就寝できるようになることが望ましいでしょう。

エアコンの利用によって乱れた自律神経を整える

低い温度でエアコンを付けて睡眠を取っていると、自律神経が乱れてしまいます。
夏前に夏バテの様な症状が現れ、安眠だけではなく健康な日々を送ることもできなくなってしまいます。
自律神経は、整えることも可能です。
最も有効な方法は、心と体をリラックスさせる方法です。
暑い季節には難しいかも知れませんが、ゆっくり湯船に浸かるなどが有効でしょう。
他にも、自分がリラックスできる方法で心を落ち着かせてください。

夏の安眠のためにエアコンを正しく利用する

涼しい、快適であると感じる温度には、個人差があります。
また、自分の身体の状態に気付かず、健康を害する行動をとっている可能性もあるのです。
天気予報の気温をチェックしてエアコンの設定温度を下げてしまう方も多いでしょう。
また、クーラーは身体に悪いと考え、就寝時は利用しないという方も居ます。
どの様な方法であっても、自分の身体に負荷をかける様な利用方法にならないよう注意が必要です。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る