十分な睡眠を取る2つのメリットと入眠方法

十分に睡眠を取ることは、目覚めの良さにも影響します。
目覚めが良いと、1日を気分翌スタートさせることに繋がるでしょう。
この様に、基本的なメリット以外にも様々な嬉しい効果があります。
十分な睡眠には、どの様なメリットがあるのかを紹介します。

美容にも効果が期待できる

眠っている間には、「成長ホルモン」とも呼ばれるホルモンが分泌されています。
成長ホルモンとは、身体や脳の疲れを修復し、細胞を増やすといった働きがあります。
つまり、皮膚や髪といった細胞のダメージを修復するものでもあるため、美肌や艶髪といった効果が期待できます。
成長ホルモンによって免疫力も向上するため、雑菌に対する耐性もでき、ニキビなどの肌トラブル予防にも繋がるでしょう。
成長ホルモンは、深い眠りにつくほど多く分泌されるものです。
美容のためにも、十分な睡眠時間を確保しましょう。

ダイエット効果もある

先にも挙げた成長ホルモンは、カロリー消費量にも影響します。
成長ホルモンは、体に蓄積されている脂肪の分解をサポートする働きもあります。
深い眠りにつくと夜の間に約300kcalの脂肪を分解キロカロリーの脂肪を分解し、多くのエネルギーを消費するためダイエット効果も期待できるでしょう。
反対に、眠りが浅い場合や睡眠時間が短い日が続くと、成長ホルモンの分泌量は減ります。
深い眠りについている時と比較をすると、約7割も減ってしまうといわれており、カロリー消費量にも大きく影響を及ぼします。
そのため、深い眠りで十分な睡眠をとることが重要です。

寝る直前の準備が大切

明るい部屋の中では脳の交感神経が優位になるため、体内時計が狂うといったことに繋がります。
また、脳が活性化してしまうことによってスムーズに睡眠状態へ入ることができなくなります。
寝る直前には寝室の照明を暗くして、浴びる光の量を少なくすることで副交感神経が優位になるよう工夫をしましょう。
寝る前の1時間は、スマートフォンやパソコンのブルーライトを浴びないようにすることもポイントです。
眠れないからといって、スマートフォンを操作してしまうケースも多いでしょう。
逆効果になるため、眠れない場合でも目を瞑って横になっていることが効果的です。

睡眠の質を左右する音

大きな音がする場所で無理に眠ろうとすると、脳が反応してしまい眠りにくくなります。
遮音カーテンなどを取り入れ、外の音をある程度遮断することがおすすめです。
また、リラックス効果のある音楽を聴くことで気持ちがリラックスするため、安眠に繋がります。
脳が刺激されるため、歌詞がない音楽を選ぶことがポイントです。
音楽を再生したままの状態では、深い眠りについた後に刺激となってしまうため、眠った後に停止するように設定しましょう。

睡眠は美容に欠かせないもの

睡眠時間が短いと、疲れが取れない、目覚めが悪いというデメリットが考えられます。
しかし、美容を意識した場合にもデメリットがあります。
睡眠は美肌作りや、基礎代謝にも影響を及ぼすことでダイエットにも関係します。
ダイエット中で睡眠不足となった場合、基礎代謝が落ちることでリバウンドの可能性が高くなるでしょう。
睡眠不足はデメリットしかないため、十分な睡眠を心掛ける必要があります。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る