十分な睡眠で爽やかな朝を!ぐっすり眠るためにおすすめのツボ3選

睡眠が取りづらいことの影響

ぐっすり眠ることは筋肉など体の疲労を取り除く効果を持っており、さらに脳をしっかり休むことができてうつ病などの精神疾患の予防・改善にも繋がると言われています。一方、不眠が続くと体が慢性的にだるかったり、ネガティブな思考から抜け出せなくなったりすることがあります。

なぜ不眠になるのか

睡眠が取りづらくなる一般的な原因は、体や精神状態が無意識のうちに興奮・緊張状態にあるということです。寝る前の激しい運動やスマートフォンなどの電子機器の操作は興奮状態に繋がり、不眠を誘発します。また、仕事や学校・家庭などのストレスを抱えていると不安になったり、体がこわばったりしてしまい、寝つきが悪くなります。

おすすめのツボをしっかり理解しておくことで、このようにデメリットが多い不眠を少しずつ改善することができます。

東洋医学のツボとは

ツボは「経穴」と呼ばれ、この経穴を押すことは化学薬品や外科手術を用いる西洋医学に対し、東洋医学の点から症状にアプローチするということになります。東洋医学では健康に必要なものとして「気、血」と呼ばれるエネルギーの流れが重視されており、ツボを押さえるとこれらの流れが改善されていくと言われています。

健康について国際的に規定を設けるWHOでも医学的に正式な治療法の一つとしてツボの刺激が認められており、安心してツボを押さえて睡眠の質を改善できます。

ぐっすり眠れる安眠のツボ

不眠の方が知っておきたいツボの一つに「安眠」と呼ばれるものがあります。これは耳の後ろから髪の生え際あたりにかけてのツボを指し、実際に触れてみると首の筋肉も通っていることが分かります。

緊張状態が睡眠に与える悪影響を上記で説明しましたが、緊張とは筋肉の凝りも含んでおり、おすすめの安眠のツボを刺激すると凝った首の筋肉を解すこともできます。首の筋肉が柔らかくなると周辺の背中にかけての血流も良くなり、緊張状態の改善によって入眠が容易になります。

百会のツボで滞った血流を改善!

血流が悪くなると体がこわばってしまい、睡眠が取りづらくなるため、血流を改善するのにおすすめのツボ「百会」を紹介します。

百会は頭の頂点にあるツボのことで、「万能のツボ」としても知られており、軽く押さえることで体全体の血流を改善することができます。血流が良くなると筋肉が少しずつ解れていくだけでなく、睡眠に必要な体温調整がうまくできるようにもなるため、百会は睡眠習慣の改善に非常におすすめのツボです。

睡眠を妨げる眼精疲労に効く太陽のツボ

不眠を引き起こす要因の一つに眼精疲労があり、眼の疲れによる不快感や興奮・緊張状態が気になって睡眠が取りづらいといった状態が発生します。この眼精疲労の改善におすすめのツボが「太陽」と呼ばれるものです。太陽のツボはいわゆるこめかみの部分にあるツボで、親指で優しく押すことで眼精疲労の改善とこめかみの筋肉の緊張を解く効果が期待できます。

おすすめのツボを押さえる時の注意点

睡眠の改善に効く上述した3つのツボを押さえる際には、強い痛みを感じるほど力を入れないということが挙げられます。痛みを感じるとかえって体の興奮・緊張状態を引き起こすため、気持ちい力加減でツボを押すようにしましょう。

睡眠快眠  睡眠快眠

関連記事

ページ上部へ戻る